English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 漁港漁場整備長期計画について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年3月23日

水産庁

「漁港漁場整備長期計画」について

本日(平成24年3月23日(金曜日))、新たな「漁港漁場整備長期計画」が閣議決定されました。

 1.趣旨  

「漁港漁場整備長期計画」は、「漁港漁場整備法(昭和25年法律第137号)第6条の3」の規定に基づき、5年を一期として策定するものです。

2.新たな漁港漁場整備長期計画のポイント

1) 「水産基本計画」の改定と連携しつつ、「漁港漁場整備長期計画」を策定

2) 今後5年間に重点的に取り組む課題を以下の3つに明確化し、目指す主な成果及び事業量を設定し、計画的に漁港漁場整備事業を推進 

(ア)災害に強く安全な地域づくりの推進

東日本大震災からの復旧・復興及び全国の漁港・漁村の防災対策を推進するため、水産物の流通拠点漁港の耐震化、漁村の防災機能の強化を図ります。

(イ)水産物の安定的な提供・国際化に対応できる力強い水産業づくりの推進

水産物の流通拠点漁港における衛生管理対策に取り組むとともに、既存の漁港施設の長寿命化対策の実施、漁村の生活環境の改善を図ります。

(ウ)豊かな生態系を目指した水産環境整備の推進

資源管理等と連携し、水産生物の生活史に配慮した漁場整備を推進し、良好な生息環境空間を創出します。

 

お問い合わせ先

漁港漁場整備部計画課
担当者:計画班 伊藤、成田
代表:03-3502-8111(内線6843)
ダイヤルイン:03-6744-2387
FAX:03-3581-0326

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図