English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 漁港のエコ化方針(中間とりまとめ)の公表について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年4月27日

水産庁

漁港のエコ化方針(中間とりまとめ)の公表について

水産庁は、「漁港のエコ化推進のための技術検討会」(座長 横山明彦 東京大学 大学院 教授)を開催し、「漁港のエコ化方針(中間とりまとめ)」を取りまとめました。

概要

水産庁は、平成22年11月5日以降、計4回にわたり、有識者からなる「漁港のエコ化推進のための技術検討会」を開催し、その議論を踏まえ、「漁港のエコ化方針(中間とりまとめ)」を取りまとめました。


なお、「漁港のエコ化方針(中間とりまとめ)」及びこれまでの検討会の議事概要は、次のURL でご覧になれます。
URL:http://www.jfa.maff.go.jp/j/study/keikaku/eco.html

中間とりまとめのポイント

 漁港における二酸化炭素排出量の削減などに取り組むための手法や再生可能エネルギーを活用する際の留意点及び手法ごとの効果、特長について記述しました。

今後、「漁港のエコ化方針(中間とりまとめ)」を参考に、全国で「漁港のエコ化推進」の考え方の浸透を図ることとしています。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

漁港漁場整備部計画課
担当者:石井、和田
代表:03-3502-8111(内線6844)
ダイヤルイン:03-3501-3082
FAX:03-3581-0326

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図