English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 東日本大震災について~水産物のストロンチウム測定結果について~


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年8月30日

水産庁

東日本大震災について~水産物のストロンチウム測定結果について~

水産庁は、独立行政法人 水産総合研究センターと協力してストロンチウムの測定を実施したところ、測定結果は5検体中4検体で検出下限値未満、1検体で0.03 Bq/kgでした。

1.水産物のストロンチウム測定結果について

水産庁は独立行政法人 水産総合研究センターに水産物のストロンチウムの測定の実施を依頼しました。本日、独立行政法人 水産総合研究センターからあった報告によれば、ストロンチウムは5検体中4検体で検出下限値未満、1検体で0.03 Bq/kgでした。
なお、文部科学省「環境放射線データーベース」による2000年から東京電力福島原子力発電所事故発生前の2010年まで間の我が国周辺海域の魚類中のストロンチウム90の濃度幅は、検出下限値以下~0.094 Bq/kgの範囲でした。

ストロンチウムの測定結果 

魚種

位置

採取日

部位

ストロンチウム-89

ストロンチウム-90

放射性
セシウ

放射性
ヨウ素

マダラ

37°38′N,
141°33′E

4月21日

魚体
丸ごと

不検出
(検出下限値:0.04)

0.03
(検出下限値:0.03)

34

不検出

アカガレイ

36°28′N,
141°00′E

4月22日

魚体
丸ごと

不検出
(検出下限値:0.03)

不検出
(検出下限値:0.03)

3.3

不検出

カタクチ

イワシ

35°21′N,
 140°30′E

5月26日

魚体
丸ごと

不検出
(検出下限値:0.03)

不検出
(検出下限値:0.03)

17.2

不検出

マイワシ

36°03′N,
140°47′E

6月22日

魚体
丸ごと

不検出
(検出下限値:0.03)

不検出
(検出下限値:0.03)

19.2

不検出

ゴマサバ

35°45′N,
141°18′E

7月1日

魚体
丸ごと

不検出
(検出下限値:0.04)

不検出
(検出下限値:0.03)

4.5

不検出

注: 放射性セシウム及びヨウ素の測定は筋肉部で行った。

放射性物質の単位は、Bq/kg生。
 

水産物の採取地点(沖合約10~50km)

picture4

2.その他

(参考)6月27日付けプレスリリース;東日本大震災について~水産物のストロンチウム測定結果について~
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/110627.html

お問い合わせ先

増殖推進部研究指導課
担当者:森田、一井、大久保
代表:03-3502-8111(内線6778)
ダイヤルイン:03-6744-2373
FAX:03-3591-5314

増殖推進部漁場資源課
担当者:遠藤、高山
代表:03-3502-8111(内線6810)
ダイヤルイン:03-3502-8487
FAX:03-3502-1682

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図