English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > シラスウナギ大量生産加速化のための意見交換の概要について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年8月26日

水産庁

シラスウナギ大量生産加速化のための意見交換の概要について

水産庁は、ウナギを今後も安定供給できるようにするため、平成25年5月からシラスウナギ大量生産加速化に向けた産業界との意見交換を行いましたので、その概要をお知らせします。

1. 背景ならびに開催概要

 近年、シラスウナギは不漁が継続しており、ウナギの安定供給や養鰻業の経営にも大きな影響が懸念されています。このため、ウナギ資源の資源管理に加え、シラスウナギの人工的量産化の早期実現が必要となっています。実用規模での大量生産を実用化するために克服すべき課題の早期解決のためには、試験研究機関での技術開発に加え、関連の産業界も含めた幅広い分野の方々からの御意見を得て対応を検討していくことが重要です。

 このような背景の下、平成25年5月から産業界を含む幅広い分野からの専門家の参加を得て、シラスウナギ大量生産加速化のための意見交換を実施しました。

2. 意見交換における論点

( 1 )シラスウナギ人工種苗生産技術における課題の共有

( 2 )大量生産加速化に向けて今後必要な技術の整理

( 3 )シラスウナギ大量生産加速化に向けた技術開発の取組の方向

3. 今後の予定等

今後、水産庁は、飼育作業の自動化・機械化や新たな飼料の開発等、意見交換で得られた取組の方向性を踏まえ、シラスウナギ人工種苗大量生産に向けた技術開発の加速化を推進する所存であり、引き続き幅広い分野からの参加を求めていく予定です。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

増殖推進部研究指導課
担当者:坂野、盛
代表:03-3502-8111(内線6778)
ダイヤルイン:03-6744-2373
FAX:03-3591-5314

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図