English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > さけ・ます代替漁法の試験操業結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年7月27日

水産庁

さけ・ます代替漁法の試験操業結果について

曳き網(ひきあみ)によるさけ・ます代替漁法の試験操業を、ロシア200海里水域において実施し、4,420kgのさけ・ます類を漁獲しました。

1.試験操業の目的及び概要

昨年成立したロシア連邦法により本年1月からロシア200海里水域におけるさけ・ます流し網漁が禁止されたことに伴い、その代替漁法を検討するため、曳き網(ひきあみ)によるさけ・ます類の試験操業をロシア200海里水域において実施しました。

2.調査実施主体

「一般社団法人海洋水産システム協会」及び「国立研究開発法人水産研究・教育機構」による共同調査

3.試験操業期間

(試験操業は7月24日(日曜日)の操業をもって終了。)

4.調査船等

5.結果概要

ベニザケ312kg
シロザケ212kg
カラフトマス3,867kg
ギンザケ25kg
マスノスケ4kg

6.その他 

 


 

 

お問い合わせ先

増殖推進部研究指導課
担当者:生産技術班:原田、岩崎
代表:03-3502-8111(内線6784)
ダイヤルイン:03-6744-2031
FAX:03-3595-1426

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図