このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

第2回「海の宝!水産女子の元気プロジェクト」推進会議の開催及び一般傍聴について

  • 印刷
令和元年5月21日
水産庁

水産庁は、令和元年6月7日(金曜日)に水産庁中央会議室において、第2回「海の宝!水産女子の元気プロジェクト」推進会議を開催します。
会議は公開で、カメラ撮影も可能です。

1.概要

漁業・水産業の現場で働く女性の知恵と多様な企業等の技術、ノウハウを結びつけ、新たな商品やサービス、情報を社会に広く発信することで、漁業・水産業に携わる女性の存在感を高めるとともに、女性にとって働きやすい漁業・水産業の現場改革や仕事選びの対象としての漁業・水産業の魅力向上を後押しすることを目的として、平成30年11月に発足した「海の宝!水産女子の元気プロジェクト」の第2回推進会議を開催します。
また、本推進会議の後半に「東日本大震災、2mを超える津波からの再出発」と題して、木村朱見氏(湊水産株式会社取締役/宮城県石巻市)から御講演をいただくこととしています。
なお、講演終了後、同氏の指導により、「たらこ」つくり体験を行います。この「たらこ」つくり体験は、傍聴の方からも数名程度参加いただくことが可能です。

2.開催日時及び場所

日時:令和元年6月7日(金曜日)13時00分~14時45分(受付12時30分~)
(「たらこ」つくり体験は、15時00分~17時30分に実施する予定です。)
会場:農林水産省 本館8階 水産庁中央会議室(ドア番号 本835)
所在地:東京都千代田区霞が関1-2-1

3.主な議題

 ・ロゴマークの決定について
 ・プロジェクトの進捗状況について
 ・講演「東日本大震災、2mを超える津波からの再出発」
  講師:湊水産株式会社取締役(宮城県石巻市) 木村 朱見(きむら あけみ)氏

<参考>
 ・「たらこ」つくり体験
  「たらこ」の調味液作製から手漬けまでの作業工程を体験します。出来上がった「たらこ」はお持ち帰りいただけます。

4.傍聴可能人数

10名程度を予定しています。

5.傍聴申込要領

(1)申込方法
傍聴を希望される方は、電子メール又はFAXにて、以下のお申込先に、第2回「海の宝!水産女子の元気プロジェクト」推進会議の傍聴を希望する旨、御氏名(ふりがな)、御住所、御連絡先(電話番号、FAX番号)、差し支えなければ勤務先・所属団体等の名称及び御連絡先を記入の上、お申込みください。(電話でのお申込みは御遠慮ください。)
<電子メールによるお申込先>
suisanjoshi@maff.go.jp
<FAXによるお申込先>
FAX送付先:水産庁 増殖推進部 研究指導課内 「海の宝!水産女子の元気プロジェクト」事務局 宛て
FAX番号:03-3591-5314
 ・車椅子を御利用される方、盲導犬等の身体障害者補助犬をお連れの方は、その旨をお書き添えください。また、通訳や介助の方を同伴される場合は、その方のお名前を併せてお書き添えください。
 ・複数名お申込みの場合も、お一人ずつ記載事項をお書きください。
 ・なお、お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、傍聴の可否確認等御本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます

(2)申込締切
令和元年5月29日(水曜日)12時00分必着です。
希望者多数の場合のみ抽選を行います。傍聴いただけない方には、令和元年5月31日(金曜日)17時までにFAX又は電子メールにて御連絡いたします。
なお、傍聴可能な方には御連絡いたしません。

(3)傍聴する場合の留意事項
傍聴される方は、入館時に受付で入館手続が必要となりますので、身分証明書を御持参ください。
なお、駐車スペースはございませんので、お車での御来場はお控えください。
また、会議の傍聴に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守られない場合は、傍聴をお断りすることがあります。
ア. 事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。
イ. 携帯電話等の電源を切るか又はマナーモードに設定して傍聴すること。
ウ. 傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を厳に慎むこと。
 ・出席者の発言に対する賛否の表明又は拍手
 ・傍聴中の入退席(ただし、やむを得ない場合を除く。)
 ・報道関係者の方々を除き、会場においてのカメラ、ビデオカメラ、ICレコーダー、ワイヤレスマイク等の使用
 ・新聞、雑誌その他議案に関連のない書類等の読書
 ・飲食及び喫煙
エ. 銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。
オ. その他、事務局職員の指示に従うこと。

6.報道関係者の皆様へ

報道関係で取材を希望される方は、一般参加者と同様に「5.傍聴申込要領」に従い、メール又はFAXにてお申込みください。その際、報道関係者であり、取材を希望される旨を必ず明記してください。
当日は、受付で記者証等の身分証を御提示いただきますのであらかじめ御了承願います。
席を御用意しておりますが、御用意した席が満席となった場合は、お立ちいただくことになりますので、その際は御容赦ください。
取材に当たっては、現場担当者の指示に従っていただきますようお願いします。

7.参考

水産庁ホームページ(「海の宝!水産女子の元気プロジェクト」について)http://www.jfa.maff.go.jp/j/kenkyu/suisanjoshi/181213.html

お問合せ先

増殖推進部研究指導課

担当者:南、宮崎
代表:03-3502-8111(内線6779)
ダイヤルイン:03-6744-2374
FAX番号:03-3591-5314