English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 資源管理・漁業経営安定対策の実施状況(平成27年3月末現在)について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年5月15日

水産庁

資源管理・漁業経営安定対策の実施状況(平成27年3月末現在)について

水産庁は、平成23年度からスタートさせた、「資源管理・収入安定対策」と「コスト対策」を組み合わせた総合的な経営安定対策について、平成27年3月末現在の実施状況を取りまとめました。

概要

(1)資源管理・収入安定対策については、漁業共済の仕組みを活用したものであることから、これまで漁業共済に加入していなかった漁業者の方が新規に加入するなど漁業共済への加入が伸びている上、当該対策の周知が進んだことにより、漁業共済の加入率は72%に、当該対策の加入率は64%に達しています。

(2)コスト対策である漁業経営セーフティーネット構築事業の燃油については、加入率は、98%に達しています。

1.資源管理・収入安定対策(漁業収入安定対策事業)

 

平成27年3月末

平成22年3月末

共済加入率

(うち収入安定対策分)

72%

(64%)

54%

(-)

共済加入件数

(うち収入安定対策分)

24,253件

(19,905件)

21,536件

(-)

注1: 加入率及び加入件数に岩手県、宮城県及び福島県の数値は含まれていません。
注2: 加入率:加入者の漁業生産金額/全国の漁業生産金額を基に計算したものです。
注3: 東日本大震災による影響を考慮し、震災発生直前の年度末(平成22年3月末)との比較を行ったものです。   

 

2.コスト対策(漁業経営セーフティーネット構築事業)

 

平成27年3月末

平成23年3月末

燃油

 ・ 加入率 

 ・ 加入件数

 

98%

27,547件

 

32%

3,258件

配合飼料

 ・ 加入率

 ・ 加入件数

 

85%

898件

 

22%

205件

 注1: 加入率は、加入者が申し込んだ年間燃油・配合飼料申込数量 / 全国の推定年間燃油使用量(平成24年)・推定配合飼料生産量(平成25年)を基に計算しています。
 注2: 事業創設年度(平成23年3月末現在)との比較を行ったものです。

 注3: 平成25年7月より実施している「漁業用燃油緊急特別対策」の平成27年3月末の加入状況は、加入件数22,666件、燃油使用量ベースの加入率は83%となっています。

 

 (参考)補てんの状況
   ・燃油 (購入した燃油1キロリットルあたりの補てん単価)

23年1~3月期       4,360円

23年4~6月期       7,680円

23年7~9月期       2,760円

24年1~3月期       2,670円

24年4~6月期          220円

24年7~9月期          640円

24年10~12月期   4,580円

25年1~3月期     14,240円

25年4~6月期     13,090円

25年7~9月期     15,960円

25年10~12月期 16,590円

26年1~3月期     15,530円

26年4~6月期     15,090円

26年7~9月期     12,370円


  ・配合飼料(購入した配合飼料1トンあたりの補てん単価)

22年7~9月期        4,030円

25年4~6月期        3,550円

25年7~9月期      11,610円

25年10~12月期  11,560円

26年1~3月期      19,500円

26年4~6月期        21,020円

26年7~9月期        13,780円

26年10~12月期    10,330円


 

 

 

お問い合わせ先

漁政部漁業保険管理官
担当者:堀尾、梶脇(漁業収入安定対策事業関係)
代表:03-3502-8111(内線6635)
ダイヤルイン:03-6744-2356
FAX:03-3502-0827

漁政部企画課
担当者:石川、宮澤(漁業経営セーフティーネット構築事業のうち燃油関係)
代表:03-3502-8111(内線6574)
ダイヤルイン:03-6744-2341
FAX:03-3501-5097

増殖推進部栽培養殖課
担当者:保科、鈴木(漁業経営セーフティーネット構築事業のうち配合飼料関係)
代表:03-3502-8111(内線6820)
ダイヤルイン:03-6744-2383
FAX:03-6744-2386

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図