English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「第12回 日韓漁業共同委員会 第3回小委員会」及び「第12回 日韓漁業共同委員会」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年2月5日

水産庁

「第12回 日韓漁業共同委員会 第3回小委員会」及び「第12回 日韓漁業共同委員会」の開催について

2010年漁期の操業条件等について協議する第12回 日韓漁業共同委員会 第3回小委員会が、2月8日(月曜日)から2月11日(木曜日)まで開催されることとなりましたので、お知らせいたします。協議の結果、合意に至った場合には、引き続き第12回日韓漁業共同委員会を開催し、合意結果を両国政府に勧告します。会議は非公開です。また、冒頭のカメラ撮りもできませんので、ご了承ください。

1.概要

日韓漁業共同委員会 小委員会は、日韓漁業協定第12条に基づく日韓漁業共同委員会の下部機構として設置されるもので、今回の小委員会では、2010年漁期の操業条件等について協議を行います。

2. 日時

平成22年2月8日(月曜日)から2月11日(木曜日)まで

3.場所

韓国・ソウル

4.出席者

[日本側]

本村 裕三(もとむら ゆうぞう)水産庁 資源管理部長ほか

[韓国側]

李 哲雨(イ チョルウ)農林水産食品部 水産政策室 遠洋協力官ほか

5.議題

  1. 2010年漁期の操業条件について
  2. その他関心事項  

(参考)2009年漁期の相手国水域における主な操業条件

(1)総漁獲割当量

日韓両国とも 60,000トン

(2)総許可隻数

日韓両国とも 940隻

 

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

資源管理部国際課
担当者:東アジア班 担当:窪田(又は城崎)
代表:03-3502-8111(内線6740)
ダイヤルイン:03-3591-3816
FAX:03-3504-2649

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図