English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「日ロさけ・ます漁業交渉」の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年4月9日

水産庁

「日ロさけ・ます漁業交渉」の結果について

「ロシア連邦の200海里水域における日本国の漁船によるロシア系さけ・ますの2010年における漁獲に関する日ロ政府間協議」(日ロさけ・ます漁業交渉)は、現地時間4月9日夕刻に妥結しましたのでお知らせします。

1.経過

平成22年3月19日から東京で開催され、4月1日からモスクワにおいて継続されていた「ロシア連邦の200海里水域における日本国の漁船によるロシア系さけ・ますの2010年における漁獲に関する日ロ政府間協議」(日ロさけ・ます漁業交渉)が、現地時間4月9日夕刻に妥結し、議事録への署名が行われました。

2.交渉結果

ロシア200海里水域における我が国漁船による2010年のロシア系さけ・ますの漁獲の条件等に関する協議

結果概要(カッコ内は前年の交渉結果)

(1)漁獲割当量 8,447トン (6,880トン)

うちベニザケ

3,000トン (3,000トン)

シロザケ

5,108.6トン (3,591トン)

カラフトマス

   179.6トン

(       155トン)

ギンザケ

 74.64トン

(         64.2トン)

マスノスケ

 84.16トン

(         69.8トン)
(2)操業隻数 36隻 (31隻)
(3)1隻当たりの割当量

小型漁船(19トン型)

 〃    (29トン型)

中型漁船

154トン(160トン)

167トン(160トン)

292トン(280トン)

(4)入漁料 約25.7億円 (約21.1億円)
(5)操業条件の改善事項 入漁料単価の減額、操業期間及び操業水域の拡大

 

3.出席者

(日 本 側)

本村    裕三    水産庁資源管理部長(代表*)

重    義行    北洋さけ・ます漁業協会会長・大日本水産会専務理事(代表代理)

ほか外務省、水産庁、北海道庁及び関係団体等の関係者

※東京における協議のみ

(ロシア側)

リソーヴァヌィV.V.ロシア連邦漁業庁副長官(代表)

ほか外務省、連邦漁業庁、連邦保安庁国境警備局及び関係団体等の関係者

お問い合わせ先

資源管理部国際課
担当者:ロシア班  久保寺
代表:03-3502-8111(内線6744)
ダイヤルイン:03-3502-8453
FAX:03-3504-2649

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図