English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「第7回 日韓海洋生物資源専門家小委員会」及び「ズワイガニ及びベニズワイガニ資源に関する日韓研究者間による意見交換会」の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年11月29日

水産庁

「第7回 日韓海洋生物資源専門家小委員会」及び「ズワイガニ及びベニズワイガニ資源に関する日韓研究者間による意見交換会」の結果について

11月23日(火曜日)及び11月24日(水曜日)に開催された、「第7回 日韓海洋生物資源専門家小委員会」及び11月25日(木曜日)に開催された、「ズワイガニ及びベニズワイガニ資源に関する日韓研究者間による意見交換会」の結果についてお知らせいたします。

1.概要

「第7回 日韓海洋生物資源専門家小委員会」は、1999年1月に発効した「日韓漁業協定」に基づき設置された「日韓漁業共同委員会」の下部機構として組織されました。この小委員会は、両国の排他的経済水域内の海洋生物資源のうち、2011年の漁獲割当に関連する漁獲動向資料、資源状態等に関する情報の交換を行うものです。

今回、日韓両国の排他的経済水域の海洋生物資源のうち、2011年の漁獲割当に関連する漁業資源の漁獲動向、資源状態等について議論した結果、今後開催される「第13回 日韓漁業共同委員会」へ報告することとなりました。

また 、「ズワイガニ及びベニズワイガニ資源に関する日韓研究者間による意見交換会」は、2010年2月に開催された「第12回 日韓漁業共同委員会」において今年中の開催が決定され、両国の研究者間でズワイガニ及びベニズワイガニの資源調査や研究の現状について意見交換を行うものです。

今回、日本と韓国のズワイガニ及びベニズワイガニの資源調査や研究の現状を中心に日本海のカニ資源の状況について幅広い意見交換を行いました。

2.日時及び場所

「第7回 日韓海洋生物資源専門家小委員会」

平成22年11月23日(火曜日)及び11月24日(水曜日)

済州(大韓民国)

「ズワイガニ及びベニズワイガニ資源に関する日韓研究者間による意見交換会」

平成22年11月25日(木曜日)

済州(大韓民国)

3.出席者

[日本側]

浅野 謙治(あさの けんじ)独立行政法人 水産総合研究センター 日本海区水産研究所 日本海漁業資源部長(代表)、西村 明(にしむら あきら)独立行政法人 水産総合研究センター 西海区水産研究所 東シナ海漁業資源部長ほか

日本海区水産研究所、西海区水産研究所及び水産庁の関係者

※「ズワイガニ及びベニズワイガニ資源に関する日韓研究者間による意見交換会」への出席は浅野部長、日本海区水産研究所及び水産庁の関係者のみ 

[韓国側]

李 東雨(イ・ドンウ)国立水産科学院 資源管理課長(代表)ほか

国立水産科学院及び農林水産食品部の関係者

4.その他

(参考)

 

お問い合わせ先

資源管理部国際課
担当者:東アジア班  城崎、伊藤
代表:03-3502-8111(内線6740)
ダイヤルイン:03-3591-3816
FAX:03-3504-2649

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図