English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「日・モロッコ政府間漁業協議」の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年1月18日

水産庁

「日・モロッコ政府間漁業協議」の結果について

平成23年1月12日(水曜日)から同月14日(金曜日)まで、ラバト(モロッコ王国)で「日・モロッコ政府間漁業協議」が行われました。

1.日時及び場所

平成23年1月12日(水曜日)~14日(金曜日)

ラバト(モロッコ王国)

2.出席者

(1)日本側

平石 一夫 水産庁 資源管理部 国際課 海外漁業協力室長 ほか

(2)モロッコ側

アブデルアヘッド・ベナブー 農業・海洋漁業省 協力・法務局長 ほか

3.協議結果

2011年漁期における我が国まぐろ延縄漁船の入漁条件等についてモロッコ側と協議を行い、前年と同条件とすることで合意しました。

主な操業条件(全て前年漁期と同じ)

1.許可隻数枠:15隻

2.入漁料:2,000米ドル/隻/年(約16万円)

3.ライセンス料:49,500ディルハム/隻/年(約48万円)

4.その他

(参考)

 

お問い合わせ先

資源管理部国際課
担当者:海外漁業協力室 原田(又は平石)
代表:03-3502-8111(内線6756)
ダイヤルイン:03-6744-2367
FAX:03-3502-0571

よりよいホームページづくりに努めていきたいと思いますので、アンケートにご協力ください。

質問1:このページの内容はあなたの役に立ちましたか。
     

質問2:このページの説明はわかりやすかったですか。
     
→  具体的にわかりにくい表現などがあれば記入してください。

質問3:このページのタイトルは内容を適切に表していますか。
     

  

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図