English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC) 第9回 年次会合」の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年12月6日

水産庁

「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC) 第9回 年次会合」の結果について

 

平成24年12月2日(日曜日)から6日(木曜日)まで、マニラ(フィリピン共和国)において「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC) 第9回 年次会合」が開催され、中西部太平洋のメバチ・キハダ・カツオ・クロマグロの保存管理措置が合意されました。

 

1.中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の概要

「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC*1)」は、中西部太平洋における高度回遊性魚類(マグロ、カツオ、カジキ類)資源の長期的な保存及び持続可能な利用を目的とした地域漁業管理機関です。

*1:WCPFC: Western and Central Pacific Fishery Commission

2.日程・場所

日時:平成24年12月2日(日曜日)~6日(木曜日)

場所:マニラ(フィリピン共和国)

3.参加国・地域

日本、フィリピン、中国、韓国、米国、豪州、太平洋島嶼国(パプア・ニューギニア、マーシャル諸島、サモア、フィジー等)、EU、台湾等

(締約国23ヶ国+EU、台湾)

4.我が国出席者

宮原 正典(みやはら まさのり) 水産庁 次長(政府代表)ほか、水産庁、外務省、独立行政法人 水産総合研究センター及び関係業界の関係者

5.結果概要

(1)メバチ・キハダ・カツオの保存管理措置

我が国等がメバチの幼魚を多量に混獲する熱帯域の大型まき網漁船の管理強化を求め、協議の結果、2013年から2017年の5年間でメバチの過剰漁獲を解消し、資源回復を行う計画を来年中に作成することで合意しました。また、2013年の保存管理措置は、次のとおりとなりました。

(a)まき網漁業

集魚装置(FADs)を用いた操業の4ヶ月間(7-10月)禁止またはそれに相当するFADs使用制限

(b)はえ縄漁業

メバチの漁獲量を2001-2004年の平均値から30%削減

(2)太平洋クロマグロの保存管理措置

本年9月に開催された北小委員会(*2)の勧告どおり、現行の保存管理措置(*3)を1年間延長することとなりました。

*2:主に北緯20度以北に分布する太平洋クロマグロ、ビンナガ、メカジキについては、北小委員会が保存管理措置案を作成し、年次会合に勧告。

*3:現行の保存管理措置

太平洋クロマグロの漁獲努力量を2002-2004年水準より低い水準で管理し、未成魚(0-3才)の漁獲量を2002-2004年水準から削減。

 

(3)その他

北小委員会における各国の合意に基づき、宮原水産庁次長がWCPFC北小委員会の議長に再任されました。任期は今回の年次会合終了後から2014年の年次会合終了までの2年間です。

6.その他

 (参考)平成24年11月30日付けプレスリリース「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)第9回年次会合」の開催について

http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/121130.html

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

資源管理部国際課
担当者:金子、赤塚
代表:03-3502-8111(内線6745)
ダイヤルイン:03-3502-8459
FAX:03-3502-0571

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図