English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「第13回 北太平洋まぐろ類国際科学委員会(ISC)年次会合」の終了について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年7月22日

水産庁

「第13回 北太平洋まぐろ類国際科学委員会(ISC)年次会合」の終了について

平成25年7 月17 日(水曜日)から22 日(月曜日)まで、釜山 (韓国) において「第13回 北太平洋まぐろ類国際科学委員会(ISC)年次会合」が開催され、まぐろ類資源に関する科学評価と保存勧告の作成等が行われました。

1.北太平洋まぐろ類国際科学委員会(ISC)について

 北太平洋まぐろ類国際科学委員会(ISC)*は、北太平洋におけるまぐろ類資源の科学的評価を目的として、1995年に設立された国際科学機関です。

* ISC: International Scientific Committee for Tuna and Tuna-like Species in the North Pacific Ocean

2.開催日程及び場所

日程:平成25 年7 月17 日 (水曜日) ~ 22 日 (月曜日)
場所:釜山 (韓国)

本会議に先立ち、9日(火曜日)から15日(月曜日)まで各種作業部会が開催されました。(非公開)

3.参加国・地域等

日本、米国、カナダ、メキシコ、韓国、台湾

オブザーバーとして、WCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)等

4.我が国出席者

中野 秀樹 独立行政法人 水産総合研究センター 国際水産資源研究所部長ほか、水産庁及び国際水産資源研究所関係者

5.結果概要

(1) 各国・地域におけるまぐろ類漁業の報告が行われました。
(2) 太平洋クロマグロ、北太平洋ビンナガ、太平洋クロカジキ等について資源評価が

  行われました。

※ 具体的な内容については、ISCが年次会合レポートをホームページで公開するまで

 非公表です(8月上旬予定)。

  公開時期については、下記「お問合せ先」に御連絡ください。

 6.その他

(参考)

平成 25年7月8日付プレスリリース「第13回北太平洋まぐろ類国際科学委員会(ISC)年次会合」の開催について

http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/130708_3.html

 

ISCホームページ http://isc.ac.affrc.go.jp/ 


 

お問い合わせ先

資源管理部国際課
担当者:竹田、飯岡
代表:03-3502-8111(内線6745)
ダイヤルイン:03-3502-8459
FAX:03-3504-2649

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図