English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「日ロ漁業取締専門家会合」の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年10月31日

水産庁

「日ロ漁業取締専門家会合」の結果について

平成26年10月29日(水曜日)から10月30日(木曜日)まで、ウラジオストク(ロシア連邦)において、「日ロ漁業取締専門家会合」が開催され、両国200海里水域における許可発給、臨検及び取締りに関する情報交換を行いました。

1.概要

本会合は、平成25年11月から12月にかけて開催された「日ロ漁業委員会※第30回会議」の協議に基づき開催されるものであり、日ロ双方の漁業取締専門家間で取締りの実務について情報交換、違反の防止策について意見交換を行うことにより、「日ロ漁業委員会第31回会議」を円滑に進めることを目的としています。

※「日ロ漁業委員会」は、1984年に発効した「日本国政府とソヴィエト社会主義共和国連邦政府との間の両国の地先沖合における漁業の分野の相互の関係に関する協定」に基づいて設置されているものです。毎年、翌年の日ロ双方の200 海里水域における相手国漁船の漁獲割当量等の操業条件について協議しています。本年も今後開催予定です。

2.開催日程及び場所

日程:平成26年10月29日(水曜日)~10月30日(木曜日)

場所:ウラジオストク(ロシア連邦)

3.出席者

日本側:佐々木 拓 (ささき たく)水産庁 資源管理部 国際課 調査官 ほか

ロシア側:セドフ 連邦漁業庁 管理・監督・魚類保護局次長 ほか  

4.結果概要

(1)両国200海里水域において操業する相手国漁船への許可証の発給状況及び操業状況について情報交換を行い、引き続き、両国が許可証の発給手続きを円滑に行うことを確認しました。

(2)相手国漁船に対する臨検及び取締りに関して意見交換を行い、近年は違反が減少し、かつ、悪質な違反がないことを確認するとともに、今後とも日ロ双方で違反漁船が発生しないよう努力を続けていくことで一致しました。

(3)両国漁船の操業に係る手続規則の見直し等について意見交換を行いました。

5.その他

(参考)

平成26年10月27日付けプレスリリース「日ロ漁業取締専門家会合」の開催について

 http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/141027.html

 

お問い合わせ先

資源管理部国際課
担当者:ロシア班 冠、佐藤、織田
代表:03-3502-8111(内線6744)
ダイヤルイン:03-3502-8453
FAX:03-3504-2649

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図