English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 海洋漁業資源の保存及び持続可能な利用の推進のための協力に係る水産庁と米国海洋大気庁による共同声明への署名について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年12月28日

水産庁

海洋漁業資源の保存及び持続可能な利用の推進のための協力に係る水産庁と米国海洋大気庁による共同声明への署名について

水産庁は、米国海洋大気庁との間で海洋漁業資源の保存及び持続可能な利用の推進のための協力に係る共同声明への署名を行いました。

1.背景

日本と米国は、ともに主要な漁業国かつ水産消費国です。今回の共同声明は、本年4月の日米首脳会談の成果文書であるファクトシートにおいて「本年、違法・無報告・無規制(IUU)な漁業の撲滅のための共同の取組を通じたものを含め、海洋漁業資源の保存及び持続可能な利用並びにそれによる世界的な食料安全保障に係る協力に関する声明を発表」することが決定されたことを受け、本共同声明が作成され、平成27年12月17日(木曜日)に署名を行いました。

*IUU:Illegal, Unreported, and Unregulated (違法、無報告、無規制)の略称。国際的な資源管理の枠組みを逃れて操業する漁船。

2.共同声明の概要

お問い合わせ先

資源管理部国際課
担当者:水垣、清水
代表:03-3502-8111(内線6747)
ダイヤルイン:03-3591-1086
FAX:03-3504-2649

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図