このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

「違法な漁業、報告されていない漁業及び規制されていない漁業を防止し、抑止し、及び排除するための寄港国の措置に関する協定」(違法漁業防止寄港国措置協定)の加入書の寄託について

  • 印刷
平成29年5月19日
水産庁

本日、我が国政府は、「違法な漁業、報告されていない漁業及び規制されていない漁業を防止し、抑止し、及び排除するための寄港国の措置に関する協定」(違法漁業防止寄港国措置協定)の加入書を国際連合食糧農業機関(FAO)事務局長に寄託しました。

1. 協定の概要

(1)「違法な漁業、報告されていない漁業及び規制されていない漁業を防止し、抑止し、及び排除するための寄港国の措置に関する協定」(違法漁業防止寄港国措置協定)は、効果的な寄港国の措置の実施を通じて、IUU(違法・無報告・無規制)漁業を防止し、抑止し、及び排除すること並びにこれにより海洋生物資源及び海洋生態系の長期的な保存及び持続可能な利用を確保することを目的とした協定です。
(2)本協定は、平成21年11月に国際連合食糧農業機関(FAO)総会において採択され、平成28年6月に発効しました。
(3)締約国は現在45か国 + EUです。

2. 加入書の寄託について

(1)本日、我が国政府は、本協定の加入書を国際連合食糧農業機関(FAO)事務局長に寄託しました。
(2)我が国について本協定の効力が発生するのは、本協定の規定に従い、加入書の寄託の日の後30日目である平成29年6月18日となります。

3. 今後について

我が国は、従来、積極的に、地域漁業管理機関を始めとする様々な機関においてIUU漁業対策の強化に積極的に取り組むとともに、必要な国内措置を整備してきたところです。本協定を締結することにより、国際社会と連携して寄港国措置を効果的に実施し、IUU漁業の防止、抑止、及び排除並びに海洋生物資源の持続可能な利用に関する世界的な取組に責任ある漁業国として貢献してまいります。

4. その他

<添付資料>違法漁業防止寄港国措置協定(PDF : 112KB)

お問合せ先

資源管理部国際課

担当者:岡添、清水
代表:03-3502-8111(内線6747)
ダイヤルイン:03-3591-1086
FAX番号:03-3504-2649

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader