このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

「2017年IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査」終了について

  • 印刷
平成29年9月25日
水産庁

我が国と国際捕鯨委員会(IWC)が共同で北太平洋海域において実施していた鯨類目視調査が9月25日(月曜日)に終了しました。

1.調査の目的

本調査は、国際捕鯨委員会(IWC(注1))の太平洋鯨類生態系調査プログラム(POWER(注2))に基づき、北太平洋海域の鯨類資源状況等を把握することを目的に、我が国とIWCが共同で実施しているものです。
平成22年(2010年)から実施しており、今回が8回目の調査となります。
(注1)IWC:International Whaling Commission
(注2)POWER:Pacific Ocean Whale and Ecosystem Research

2.調査委託機関

一般財団法人  日本鯨類研究所
調査団長 松岡耕二(一般財団法人 日本鯨類研究所) 
その他、日本人1名、アメリカ人2名の鯨類研究者が乗船

3.調査期間

平成29年7月3日(月曜日)から9月25日(月曜日)

4.調査海域

北太平洋海域(下図の線で囲まれた海域のうち、公海及び米国の排他的経済水域)

地図

5.調査船

第二勇新丸(747トン)

6.調査内容

(1)ナガスクジラ、ザトウクジラ、コククジラ等の
  (ア)目視調査による資源量・分布域の推定
  (イ)バイオプシー(皮膚標本)の採取(注3)、自然標識(注4)の撮影等による系群構造の解明
(2)希少種であるセミクジラ等について、バイオプシー(皮膚標本)の採取、自然標識の撮影による生態に関する情報の収集
(注3)DNA等を解析するため、鯨の表皮の一部を採取するもの
(注4)外見上の特徴(色、ひれの形状、傷跡等)により、鯨の個体識別ができるようにするため、発見された鯨を撮影するもの

7.結果概要

(1)ナガスクジラについては、145群198頭を発見、28頭からバイオプシー(皮膚標本)を採取、55頭の自然標識を撮影。
(2)ザトウクジラについては、136群165頭を発見、18頭からバイオプシー(皮膚標本)を採取、34頭の自然標識を撮影。
(3)コククジラについては、15群22頭を発見、9頭からバイオプシー(皮膚標本)を採取、14頭の自然標識を撮影。
(4)セミクジラについては、7群15頭を発見、3頭からバイオプシー(皮膚標本)を採取、12頭の自然標識を撮影。
(5)今回の調査で得られたデータは、IWC事務局と共有され、今後、詳細な分析を行った上で、IWC科学委員会における資源量の推定などに役立てられます。

8.参考

平成29年7月3日付けプレスリリース「2017年IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査」の実施について
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/170703.html

お問合せ先

資源管理部国際課捕鯨室

担当者:髙屋、槇、森田(侑)
代表:03-3502-8111(内線6762)
ダイヤルイン:03-3502-2443
FAX番号:03-3504-2649