このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

「みなみまぐろ保存委員会(CCSBT)第26回 年次会合」の結果について

  • 印刷
令和元年10月18日
水産庁

令和元年10月14日(月曜日)から10月17日(木曜日)まで、ケープタウン(南アフリカ共和国)において「みなみまぐろ保存委員会(CCSBT)第26回 年次会合」が開催され、ミナミマグロの資源管理措置等について議論が行われました。

1.みなみまぐろ保存委員会(CCSBT)とは

「みなみまぐろ保存委員会(CCSBT *1)」は、ミナミマグロの保存及び最適利用の確保を目的とし、平成6年(1994年)に設立された地域漁業管理機関です。毎年開催される年次会合において、総漁獲可能量(TAC *2)及び割当量等の資源管理措置が議論され、決定されています。
 *1 CCSBT: Commission for the Conservation of Southern Bluefin Tuna
 *2 TAC: Total Allowable Catch 

2.開催日程及び場所

日程:令和元年10月14日(月曜日)~10月17日(木曜日)
場所:ケープタウン(南アフリカ共和国)

3.参加国・地域

日本、豪州、ニュージーランド、韓国、インドネシア、南アフリカ、EU及び台湾

4.我が国出席者

太田 愼吾(おおた しんご) 水産庁 資源管理部 審議官(政府代表)ほか、水産庁、外務省、国立研究開発法人 水産研究・教育機構及び関係業界の関係者

5.結果概要

(1) ミナミマグロの資源管理
(ア)ミナミマグロの資源状態に応じて総漁獲可能量(TAC)案を自動的に算出するための新たなプログラムが合意されました。このプログラムは、令和3年(2021年)以降のTAC案の算出に使用され、その数値を踏まえ来年の年次会合でTACが決定されます。

(イ)平成29年(2017年)の第24回年次会合において、平成30年(2018年)から令和2年(2020年)のミナミマグロのTAC及び割当量は、下表のとおりとすることが合意されていますが、改めて、2020年についても同様とすることが確認されました。
  2018-2020年
(各年)
日本
6,165 t(*3)
豪州
6,165 t
韓国
1,240.5 t
台湾
1,240.5 t
ニュージーランド
1,088 t
インドネシア
1,002 t
南アフリカ
423 t
EU
11 t
フィリピン
-
調査漁獲枠(*4) 6 t
TAC 17,647 t

 *3 我が国の割当量は各年6,165トンとなるが、このうちインドネシアに各年21トン、南アフリカに各年27トンが、平成30年(2018年)から令和2年(2020年)の3年間限りの措置として移譲される。
 *4 メンバーが実施する科学調査のための枠

(2) 平成30年(2018年)漁期における各メンバーの資源管理措置状況のレビュー
いずれのメンバーについても非遵守は無かったことが確認されました。

(3) 次回年次会合
次回年次会合は、令和2年(2020年)10月に札幌(日本)で開催される予定です。

6.参考

我が国は、まぐろはえ縄漁船約90隻がみなみまぐろ操業に参加しています。

<添付資料>
みなみまぐろ保存委員会(CCSBT)の概要

お問合せ先

資源管理部国際課

担当者:三輪、飯岡
代表:03-3502-8111(内線6747)
ダイヤルイン:03-3591-1086
FAX番号:03-3504-2649