English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「シンポジウム「海と共に生きる」~大震災からの復興を目指して~」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年8月9日

水産庁
国土交通省

『シンポジウム「海と共に生きる」~大震災からの復興を目指して~』の開催について

 水産庁と国土交通省は、平成23年8月23日(火曜日)にホテルメトロポリタン仙台において、シンポジウム「海と共に生きる」を開催いたします。多数のご参加をお待ちしております。

シンポジウムは公開です。また写真撮影も可能です。

1.概要

東北地方太平洋岸は海を中心とした「まちづくり」がなされ、漁業・水産加工業・造船業・港運業・海運業に関係する施設が集積し、地域の人々にとってもこうした産業が雇用の場として重要な役割を果たしています。

今回の東日本大震災により甚大な打撃を受けた同地域の復興にあたって、水産庁と国土交通省は、これら海に関連する産業を通じた「海からの復興」に精力的に取り組むことが必要であるとの視点にたち、様々な分野の人々の英知を持ち寄り、どのように復興を目指すかについて皆様と一緒に考える機会としたいと考えております。また、同地域が今回の震災を乗り越え「海からの復興」を果たすことは、海洋国家日本の将来にとって重要な意味を持つものです。

2.開催日時・会場

(1)日時:平成23年8月23日(火曜日) 14時00分~17時30分

(2)場所:ホテルメトロポリタン仙台 3階「曙」

(3)定員:200名(参加費無料)先着順

受付終了後、参加証を返信いたします。当日は必ず参加証(受付番号入り)をお持ちください。

3.プログラム

第1部講演

(パート1)

『海の復権と今後の地域活性化に向けたメッセージ』

講演者:瀬戸内海国際芸術祭総合ディレクター北川 フラム氏

※本年、北川氏が総合ディレクターを務める瀬戸内国際芸術祭実行委員会が第4回海洋立

国推進功労者表彰(内閣総理大臣賞)を受賞

 

(パート2)

『震災復旧・復興に向けた取組』

講演者:水産庁・国土交通省・日本財団 他

 

第2部パネルディスカッション

『今後の海のまちづくりの可能性、将来展望』

パネリスト:株式会社 ヤマニシ 代表取締役社長前田 英比古氏

石巻魚市場 株式会社 代表取締役社長須能 邦雄氏

株式会社 高橋工業 代表取締役高橋 和志氏

JR東日本旅客鉄道 株式会社 事業創造本部

地域活性化部門部長鎌田 由美子氏

宮城県 土木部技監兼次長佐藤 敬氏

モデレーター:河北新報社論説委員長鈴木 素雄氏

  4.主催者等

主催:水産庁・国土交通省

後援:公益財団法人日本海事センター、河北新報社

  5.参加申込

氏名・会社名等を別添の「参加申込書及び参加証」に記入の上、FAX又はE-mailでお申し

込みください【参加申込締切、8月16日(火曜日)】

参加申込者多数の場合、事前登録をされていない方、当日参加申込をされている方など

は、ご入場をお断りする場合もございます。また参加者の登録は先着順での受付とさせて

いただきます。予めご了承ください。

「シンポジウム『海とともに生きる』参加登録」係

FAX : 022-362-4524

E-mail: umisimpo823@bz01.plala.or.jp

 


<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

増殖推進部栽培養殖課
担当者:石塚、荒井
代表:03-3502-8111(内線6824)
ダイヤルイン:03-6744-2385
FAX:03-6744-2386

国土交通省 海事局海事人材政策課 海事振興企画室
担当:野村、山本、新發田
代表 03-5253-8111(内線45-125、45-128)
ダイヤルイン 03-5253-8946

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図