English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > うなぎ養殖業の届出制の開始について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年10月31日

水産庁

うなぎ養殖業の届出制の開始について

うなぎ養殖業は、平成26年11月1日(土曜日)から、内水面漁業の振興に関する法律施行令(平成26年政令第324号)により、内水面漁業の振興に関する法律に規定する届出養殖業となります。

経緯

ニホンウナギは、その稚魚の採捕量が長期的にみて低水準にあり、平成26年6月には、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧ⅠB類(近い将来、野生での絶滅の危険性が高いもの)として掲載されるなど、資源管理の必要性が高まっています。

国内外での資源管理対策を適切に推進していくため、内水面漁業の振興に関する法律施行令(平成26年政令第324号)により、うなぎ養殖業が内水面漁業の振興に関する法律(平成26年法律第103号)第28条第1項に規定する届出養殖業として定められ、平成26年11月1日に施行されます。

 

届出について

現在うなぎ養殖業を営んでいる方は、平成26年12月1日(月曜日)までに届出が必要となります。
また、平成26年11月1日(土曜日)以降、新たにうなぎ養殖業を営もうとする方は、養殖を開始する日の1ヶ月前までに届出が必要となります。

これらに該当する方は、養殖場の所在地を管轄する都道府県知事まで、「うなぎ養殖業の開始届出書」を2部提出してください。

なお、ニホンウナギに限らずその他のうなぎ(ビカーラ種、アメリカウナギ等)を養殖する養殖業者も届出が必要です。

 様式等の掲載場所

以下のページに様式等を掲載しています。
  http://www.jfa.maff.go.jp/j/saibai/unagi.html

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

増殖推進部栽培養殖課
担当者:内水面班 清水、吉川
代表:03-3502-8111(内線6825)
ダイヤルイン:03-3502-8489
FAX:03-6744-2386

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図