English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 水産庁漁業調査船開洋丸による大型クラゲのモニタリング技術等の開発調査の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年9月7日

水産庁

調査の背景・目的

近年、秋季から冬季にかけて、日本海側を中心に大型クラゲが大量出現し、各地で漁業被害を引き起こしています。そこで被害軽減対策の一環として、昨年度に続き大型クラゲのモニタリング技術及び洋上駆除技術の開発調査を行い、技術の向上を図ります。

調査方法

(1)網口40m×40m、目合30cmのトロール網にワイヤを取り付けた駆除漁具(大型クラゲメガスイーパー)及び水中カメラを用いて、駆除及び個体密度の計測を行います。

(2)計量魚群探知機や音響機器を用いて、大型クラゲの密度を把握できる新たな技術の開発を行います。

調査期間

平成18年9月8日(土曜日)~平成18年10月1日(月曜日)(24日間)

調査海域

東シナ海

調査船

水産庁漁業調査船開洋丸(総トン数2,630トン)

お問い合わせ先

増殖推進部漁場資源課
担当者:長谷川、岡添
代表:03-3502-8111(内線6803)
ダイヤルイン:03-6744-2380

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図