English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > ニホンウナギの産卵生態調査の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年5月15日

水産庁
(独)水産総合研究センター

ニホンウナギの産卵生態調査の実施について

水産庁と(独)水産総合研究センターは、平成21年5月18日から、北西太平洋において、ニホンウナギの産卵生態調査を実施します。

1.調査の目的と内容

     近年、重要水産資源であるニホンウナギの稚魚(シラスウナギ)の減少が著しく、養殖への供給が不安定となっており、人工種苗によるシラスウナギの供給が望まれています。

    このことから、基礎的知見となるニホンウナギの生態の解明が必要ですが、親ウナギの回遊や産卵生態等については、ほとんど明らかになっていません。

    昨年度の開洋丸の調査において、産卵海域と想定されるマリアナ諸島西方の太平洋で、世界で初めて4個体の成熟ニホンウナギの捕獲に成功するとともに、ふ化後数日のウナギ仔魚26個体の採取にも成功しました。これにより、貴重なデータが得られましたが、ウナギの種苗生産を進める上で、最適な産卵条件や仔魚の餌を明らかにするために、さらに多くのサンプリングによるデータの蓄積が必要です。

    このため、水産庁と(独)水産総合研究センターは、開洋丸および北光丸により、昨年と同海域で、大型の中層トロール網を用いたウナギ産卵親魚の捕獲調査、プランクトンネットを用いたウナギの卵と仔魚及び餌生物の採集調査等を行います。

2.調査船

水産庁漁業調査船                                                開洋丸(2,630トン)

(独)水産総合研究センター漁業調査船    北光丸(902トン)

3.調査海域

太平洋(マリアナ諸島西方海域)

4.調査期間

開洋丸:平成21年5月18日(有明埠頭10:00出港)~7月1日(晴海埠頭入港)

北光丸:平成21年6月10日(釧路港出港)~6月29日(釧路港入港)

5.その他の機関との連携

同時期・同海域において東京大学海洋研究所が学術研究船白鳳丸((独)海洋研究開発機構所属3,991トン)を、(独)水産大学校が練習船天鷹丸(716トン)を用いてニホンウナギの産卵稚仔調査等を予定していることから、連絡・連携を密にして効率的な調査を実施します。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

増殖推進部漁場資源課
担当者:国際資源班  田原、古賀
代表:03-3502-8111(内線6803)
ダイヤルイン:03-6744-2380
FAX:03-3592-0759

独立行政法人  水産総合研究センター
経営企画部  広報室  広報企画係長  佐野
電話:045-227-2624
研究推進部  チーフ研究開発コーディネーター  川崎
電話:045-227-2710

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図