English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「ワシントン条約(CITES)第15回締約国会議」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年3月12日

水産庁

ワシントン条約(CITES)第15回 締約国会議」の開催について

 2010年3月13日から25日まで、ドーハ(カタール)において「ワシントン条約(CITES)第15回 締約国会議」が開催されますので、お知らせします。

会議は公開ですが、事前に参加登録した記者のみ会議場へ入場が許可されます。

1.ワシントン条約の目的

ワシントン条約は、野生生物の国際取引の規制を輸出国と輸入国とが協力して実施することにより、絶滅のおそれのある野生動植物の保護を図ることを目的としています。

2.日時・場所

2010年3月13日(土)~25日(木)、ドーハ(カタール)

(注)イスラム教では金曜日が休日に相当し、土曜日が週初めとなる。

3.出席国等

締約国(175カ国)、国際機関、NGO等

4.我が国からの出席予定

水産庁、林野庁、外務省、環境省、経済産業省、水産関係団体等の民間団体

5.主な議題(水産関係)

(1)附属書I掲載提案

大西洋クロマグロ(モナコ提案)

(2)附属書II掲載提案

  アカシュモクザメ及び4種の類似種(米国・パラオ提案)

  ヨゴレ(米国・パラオ提案、サメの一種)

  ニシネズミザメ(スウェーデン(EUを代表)・パラオ提案)

  アブラツノザメ(スウェーデン(EUを代表)・パラオ提案)

  宝石サンゴ科全種(米国・スウェーデン(EU代表))

(参考1)過去の締約国会議の開催状況

第8回 平成4(1992)年 京都(日本)
第9回 平成6(1994)年 フォートローダデール(米国)
第10回 平成9(1997)年 ハラレ(ジンバブエ)
第11回 平成12(2000)年 ナイロビ(ケニア)
第12回 平成14(2002)年 サンチャゴ(チリ)
第13回 平成16(2004)年 バンコク(タイ)
第14回 平成19(2007)年 ハーグ(オランダ)

(参考2)附属書掲載について

 

お問い合わせ先

増殖推進部漁場資源課
担当者:漁場資源課  香川、田原
代表:03-3502-8111(内線6805)
ダイヤルイン:03-6744-2381
FAX:03-3502-1682

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図