English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「平成22年度 我が国周辺水域の資源評価」の公表について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年10月22日

水産庁

「平成22年度 我が国周辺水域の資源評価」の公表について

水産庁は、独立行政法人 水産総合研究センターに委託して我が国周辺水域における主要資源について資源調査を実施しております。「平成22年度我が国周辺水域の資源評価」について公表いたしましたので、お知らせします。

平成22年度の資源評価

我が国周辺水域における資源動向の現状についての認識を深めることを目的として、10月6日及び7日に農林水産省講堂において「全国資源評価会議」を開催いたしました。

会議では、漁獲可能量(TAC※)対象魚種について、水産総合研究センターが取りまとめた資源評価を関係都道府県、漁業者等に説明・報告しました。それに対して出席者から海洋環境と資源変動の関連等について質問があり、頂いた意見について説明・回答するなど、意見交換が行われました。

ホームページに会議で報告されたTAC魚種(8魚種19系群)の資源評価に加え、水産庁で資源評価を実施している「平成22年度 我が国周辺水域の漁業資源評価(52魚種84系群)」について、掲載いたしました。

※TAC:Total Allowable Catch

公表した内容はこちらからご覧になれます。

「平成22年度 我が国周辺水域の漁業資源評価(52魚種84系群)」

 

  (参考)平成22年9月17日付プレスリリース「「全国資源評価会議」の開催について」

     http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/100917.html

お問い合わせ先

増殖推進部漁場資源課
担当者:香川、今井
代表:03-3502-8111(内線6800)
ダイヤルイン:03-6744-2377
FAX:03-3592-0759

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図