English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「平成23年度 我が国周辺水域の資源評価」の公表について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年10月28日

水産庁

「平成23年度 我が国周辺水域の資源評価」の公表について

水産庁は、「平成23年度 我が国周辺水域の資源評価」を公表します。

平成23年度の資源評価

水産庁は、資源の回復及び管理を強力に推進しており、この施策を行っていくため、毎年「我が国周辺水域の資源評価」を実施しています。

今年度は、平成23年7~9月頃に独立行政法人 水産総合研究センターをはじめとした研究機関が資源評価(案)を作成し、漁業者等から広く意見を聴きつつ、「全国資源評価会議」を開催して、主要な漁獲可能量(TAC※)制度対象魚種(8魚種19系群)の資源評価(案)を説明してとりまとめました。

10月5日及び6日に開催した「全国資源評価会議」では、独立行政法人 水産総合研究センターが資源評価の結果を関係都道府県、漁業者等に説明しました。参加者からは、海洋環境と資源変動の関係や、近年復活の兆しが見えつつあるマイワシ資源の動向などの質問や、資源評価の手法に対しての意見などがあり、それに対して説明や意見の交換が行われました。

同会議を踏まえ、TAC魚種の資源評価を含め、水産庁で資源評価を実施している「平成23年度 我が国周辺水域の資源評価(52魚種84系群)」として公表します。

今回の評価では資源水準が高位にあるのは14系群、中位にあるのは37系群、低位にあるのは33系群という結果となっています。

  我が国周辺水域の資源評価(概要)

資源 平成23年度 各資源水準の主な魚種系群
高位 14系群 スルメイカ(秋季発生系群)
ゴマサバ(太平洋系群)等
中位 37系群 マアジ(太平洋系群、対馬暖流系群)
マサバ(対馬暖流系群)
ゴマサバ(東シナ海系群)
サンマ(太平洋北西部系群)
スケトウダラ(太平洋系群)
ズワイガニ(太平洋北部系群、日本海系群、北海道西部系群)
スルメイカ(冬季発生系群)等
低位 33系群 マイワシ(太平洋系群、対馬暖流系群)
マサバ(太平洋系群)
スケトウダラ(日本海北部系群、根室海峡、オホーツク海南部)
ズワイガニ(オホーツク海系群)等

 

  ※TAC:Total Allowable Catch

公表した内容の詳細はこちらからご覧になれます。

「平成23年度 我が国周辺水域の資源評価(52魚種84系群)」

  (参考)平成23年9月21日付プレスリリース「「全国資源評価会議」の開催について」

          http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/110921.html

 

お問い合わせ先

増殖推進部漁場資源課
担当者:新村、内海
代表:03-3502-8111(内線6800)
ダイヤルイン:03-6744-2377
FAX:03-3592-0759

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図