English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > アメリカオオアカイカ資源調査について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年11月10日

水産庁

アメリカオオアカイカ資源調査について

水産庁は、平成23年11月11日から南東部太平洋に漁業調査船開洋丸を派遣し、アメリカオオアカイカ資源調査を実施します。

1.調査の目的と内容

 

アメリカオオアカイカ(※1)は、世界最大の商業的な頭足類資源のひとつで、東部太平洋の広範囲に分布しており、このうち、ペルーやチリ海域における漁獲量は世界の漁獲量の9割以上を占めています。しかしながら、近年、ペルー海域における漁獲水準が低迷しており、我が国漁船の安定的操業に支障を来しているところです。

アメリカオオアカイカは、エル・ニーニョやラ・ニーニャ(※2)といった海洋環境によりその資源状況が変動することが推測されていますが、現状の再生産状況や加入状況など資源変動メカニズムに係る情報が不足しており、資源回復への将来的な見通しに関しては明らかとなっていません。 

このため、同資源の再生産状態や加入状況を把握するための調査及び餌環境と海洋環境に関する調査をペルー政府の水産研究機関(ペルー海洋研究所)と共同で実施します。

 

※1:アメリカオオアカイカ(学名 Dosidicus gigas)。東部太平洋に広く分布し、寿命は約1年。通常、外套長(胴の長さ)1m程度に成長する(写真は外套長約90cm)。食性はプランクトン、魚類、いか類(共食い)。用途は、塩辛、さきいか、くんせい、天ぷら・フライ等。

 ameaka-2

 

※2:エル・ニーニョは東部太平洋の赤道付近の海水温が上昇する現象であり、ラ・ニーニャはエル・ニーニョとは反対に東部太平洋の赤道付近の海水温が低下する現象

 

2.調査期間

 平成23年11月11日(金曜日)~平成24年3月5日(月曜日)

 

3.調査海域

南東部太平洋海域(網掛け部分のうち一部)

 111110surveryarea

 

4.調査船

 

水産庁漁業調査船 開洋丸(総トン数 2,630トン)

 

 

お問い合わせ先

増殖推進部漁場資源課
担当者:国際資源班 田原、内海
代表:03-3502-8111(内線6803)
ダイヤルイン:03-6744-2380
FAX:03-3592-0759

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図