English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「有明海及び八代海の再生に関する基本方針の一部改正(案)」についての意見・情報の募集(パブリックコメント)について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年12月12日

農林水産省

「有明海及び八代海の再生に関する基本方針の一部改正(案)」についての意見・情報の募集(パブリックコメント)について

農林水産省は、総務省、文部科学省、国土交通省、経済産業省、環境省と共同で「有明海及び八代海の再生に関する基本方針」について、所要の見直しを行ないます。
 この基本方針の見直しについて、広く国民の皆様から意見・情報を募集するため、平成23年12月13日(火曜日)から平成23年12月21日(水曜日)までの間、パブリックコメントを実施します。

1.見直しの背景

 平成12年の有明海におけるノリ不作を契機として、平成14年11月に有明海及び八代海を豊かな海として再生することを目的に「有明海及び八代海を再生するための特別措置に関する法律」が制定されました。

 平成21年及び22年に大規模な赤潮被害が発生したため、平成23年8月に、対象海域の拡大、漁港漁場整備事業に対する国庫補助の嵩上げ期間延長等を内容とする改正が行われました。

 関係各省は、有明海及び八代海の海域の特性に応じた当該海域の環境の保全及び改善並びに当該海域における水産資源の回復等による漁業振興に関する基本方針を制定することとされており、平成15年2月に現行の基本方針が制定されましたが、法改正を踏まえ、見直しを行います。

 このため、当該海域の漁業振興等に係る「有明海及び八代海の再生に関する基本方針の一部改正(案)」等について広く国民の皆様から意見・情報を募集します。

2.資料の入手方法

電子政府の総合窓口(e-Gov)に資料を掲載しています。以下のURLからご覧ください。

URL:http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

また、水産庁 増殖推進部 漁場資源課 生態系保全室(別館8階 ドアNo.別803)においても配布しています。

3.意見情報の募集

(1)期限

  平成23年12月21日(水曜日)(郵便の場合は当日まで必着のこと)

(2)提出方法

  次の(ア)から(ウ)までのいずれかの方法でお願いします。

  (ア)インターネットによる提出の場合

以下のアドレス(電子政府の総合窓口(e-Gov))に掲載しております「意見公募要領」のPDFファイルより送信可能です。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?OBJCD=100550

  (イ)郵便による提出の場合

宛先:〒100-8907東京都 千代田区 霞が関1-2-1

水産庁 増殖推進部 漁場資源課 生態系保全室 海洋保全班 宛て

  (ウ)ファクシミリによる提出の場合

    宛先の番号:03-3502-1682

(3)提出に当たっての留意事項

・  提出の意見情報は、日本語に限ります。

・  電話での意見情報はお受けしませんので御了承願います。

・  個人は住所、氏名、職業を、法人は法人名、所在地を明記してください。これらは公表する場合がありますのでご了承願います(公表の際に匿名を希望される場合は、意見提出時にその旨をお書き添えください。)。

・  提出いただいた個人情報については、お問い合わせ内容の確認等のご連絡に利用いたします。なお、これらの情報はご意見の内容に応じ、農林水産省内の関係部署、関係府省庁に転送することがあります。

お問い合わせ先

水産庁 増殖推進部 漁場資源課 生態系保全室 海洋保全班
担当者:束原、織田、中山
代表:03-3502-8111(内線6808)
ダイヤルイン:03-6744-2382
FAX:03-3502-1682

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図