English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「第26回 日ロ漁業専門家・科学者会議」の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年11月14日

水産庁

「第26回 日ロ漁業専門家・科学者会議」の結果について

平成24年11月8日(木曜日)から13日(火曜日)まで、東京において、「第26 回 日ロ漁業専門家・科学者会議」が開催され、サケ・マス等資源に関する共同報告及び日ロの調査協力計画案・科学技術協力計画案を作成しました。

1.概要

「日ロ漁業専門家・科学者会議」は、「日ロ漁業委員会」及び「日ロ漁業合同委員会」における合意事項に基づき、毎年開催することとなっており、日本及びロシア両国が共通で利用する水産資源の調査、資源状態及び資源の合理的な利用についての協議を行っています。 

2.開催日程及び場所

日程:平成24年11月8日(木曜日)~11月13日(火曜日)

会場:農林水産省 別館8階 水産庁 漁政部 第2会議室(ドアNo別821)

所在地:東京都 千代田区 霞が関1-2-1

3.出席者

日本側:平井 光行(ひらい みつゆき) 独立行政法人 水産総合研究センター 東北区水産研究所長ほか、同センター研究者、水産庁担当者
ロシア側:ボチャロフ L. N. チンロセンター(太平洋漁業科学研究センター)所長ほか、研究者、漁業専門家

4.結果概要

サケ・マス、サンマ、マイワシ、マサバ、カタクチイワシ、スルメイカ、ニシン及びスケトウダラに関する資源状態及び資源の合理的な利用についての協議を行うとともに、これら資源に関する共同報告及び日ロの調査協力計画案・科学技術協力計画案を作成しました。
この結果は、今後開催される「日ロ漁業委員会第29回会議」、「日ロ漁業合同委員会第29回会議」に報告され、各会議の議論に際し、科学的知見として活用されます。

5.その他

(参考)
・平成24年11月7日付けプレスリリース「第26回 日ロ漁業専門家・科学者会議」の開催について
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/121107_1.html

お問い合わせ先

増殖推進部漁場資源課
担当者:国際資源班 西田、中津
代表:03-3502-8111(内線6803)
ダイヤルイン:03-6744-2380
FAX:03-3592-0759

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図