English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「ニホンウナギ産卵場生態調査」の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年5月23日

水産庁

「ニホンウナギ産卵場生態調査」の実施について

水産庁は、平成25年5月23日(木曜日)から7月16日(火曜日)まで、漁業調査船「開洋丸」を北西太平洋に派遣し、ウナギ(ニホンウナギ)の成熟した親魚の標本採集を行うとともに、産卵場の海洋環境について調査を実施します。

1.調査の目的と内容

水産庁は、平成20年度~平成22年度にウナギの産卵生態調査を実施し、マリアナ諸島西方の太平洋で、成熟したウナギ親魚や、ふ化後間もない仔魚の捕獲に成功しました。その結果と、近年における稚魚(シラスウナギ)の来遊量の減少をふまえて、ウナギの来遊元となる海域の推定や、人工種苗の安定供給のための技術開発を進めるために、再度、産卵海域での調査を実施することとしました。 

独立行政法人 水産総合研究センターの協力のもと、(1)中層トロール網による成熟した親魚の捕獲、(2)産卵場形成を解明するための海洋観測、(3)ウナギの卵・仔魚と、その餌料として有力視されているマリンスノーの採取等を実施します。

2.調査船

水産庁漁業調査船 開洋丸(2,630トン)

3.調査海域

北西太平洋(西マリアナ海嶺南部海域)

調査海域図 

4.調査期間

平成25年5月23日(木曜日)(東京港出港)~7月16日(火曜日)(東京港入港)

5.参考

お問い合わせ先

増殖推進部漁場資源課
担当者:国際資源班 西田、中村
代表:03-3502-8111(内線6803)
ダイヤルイン:03-6744-2380
FAX:03-3592-0759

(調査の具体的な内容について)
独立行政法人 水産総合研究センター
研究推進部 岸田、岩崎
電話:045-227-2710

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図