このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

令和元年度東京湾環境一斉調査の実施及び調査参加者の募集について

  • 印刷
令和元年6月3日
水産庁

水産庁は関係機関と協力して「東京湾環境一斉調査」を実施します。
この度、本調査へ御参加いただける企業や市民団体の方々を募集いたします。

1.概要

東京湾環境一斉調査(東京湾における流域及び海域の環境一斉調査)は、多様な主体が協働しモニタリングを実施することにより、国民・流域住民の東京湾再生への関心の醸成を図るほか、東京湾とその関係する陸域の水質環境の把握及び汚濁メカニズムの解明等を目的として実施されています。水産庁としても生物調査のとりまとめを実施しているところであります。
東京湾再生推進会議モニタリング分科会、九都県市首脳会議環境問題対策委員会水質改善専門部会、東京湾岸自治体環境保全会議が、平成20年度から国や自治体のほか企業及び市民団体等の参加を募り、東京湾岸域及び流域各地において、東京湾環境一斉調査を実施しており、平成26年度からは、東京湾の環境再生への関心の輪がさらに広がっていくことを期待し、東京湾に関わりをもつ多様な主体で構成される「東京湾再生官民連携フォーラム」の「東京湾環境モニタリングの推進プロジェクトチーム」と共同で実施しています。
本年度も8月に本調査の実施を予定しており、御参加いただける企業や市民団体の方々を募集いたします。

2.調査実施時期及び場所等

(1)実施時期
(ア)水質調査
令和元年8月7日(水曜日)(予備日:令和元年9月4日(水曜日))
(イ)生物調査、環境啓発活動等
令和元年7月から9月
なお、実施時期の前後に実施される調査についても対象とします。
(2)主催
東京湾再生推進会議モニタリング分科会
九都県市首脳会議環境問題対策委員会水質改善専門部会
東京湾岸自治体環境保全会議
東京湾再生官民連携フォーラム東京湾環境モニタリングの推進プロジェクトチーム
(3)後援
一般社団法人日本経済団体連合会
(4)参加対象機関
企業、NPO等の市民団体、大学・研究機関、九都県市ほか東京湾岸・流域自治体、国の機関等
(5)実施内容
東京湾の海域又は流域河川における下記のいずれかの調査又は活動
(ア)水質調査
実施日における溶存酸素量(DO)、化学的酸素要求量(COD)、水温、塩分、流量、透明度等
(イ)生物調査
干潟調査等
(ウ)環境啓発活動等
水質改善等に関する普及啓発活動を含むイベントの実施

3.応募方法

本調査への参加を御希望される方は、添付資料の別紙1に調査内容等を御記入のうえ、6月19日(水曜日)までに、お住まいの各自治体参加申込み先(添付資料参照)まで、メールまたはFAXで御送付ください。

4.取材の申込みについて

取材を御希望の方は、7月31日(水曜日)15時までに次の申込み先まで電話又はメールで御連絡ください。

【申込み先】電話:03-3595-3636   E-mail:jcghtokyobay@mlit.go.jp
【担当】海上保安庁海洋情報部環境調査課   中村、久保田

5.その他

結果の公表やお問合せ先、申込み先等については<添付資料>を御覧ください。

<添付資料>
東京湾環境一斉調査について

お問合せ先

増殖推進部漁場資源課

担当者:森、藤岡
代表:03-3502-8111(内線6808)
ダイヤルイン:03-6744-2382
FAX番号:03-3592-0759

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader