このページの本文へ移動

水産庁

メニュー
平成23年1月28日
農林水産省

「国内のクロマグロ養殖業の管理強化」及び「メキシコ産輸入クロマグロの情報収集」について

農林水産省は、太平洋クロマグロの管理強化を図るため、「太平洋クロマグロの管理強化についての対応」(平成22年5月11日農林水産省発表プレスリリース参照)に基づき、今年から、国内のクロマグロ養殖業及びメキシコ産輸入クロマグロについて、情報収集等の取組を開始します。

1. 背景・趣旨

農林水産省は、我が国が太平洋クロマグロの最大の漁業国かつ消費国であることを踏まえ、太平洋クロマグロの管理について取り組むべき基本的な方向性を、昨年5月に「太平洋クロマグロの管理強化についての対応」(平成22年5月11日農林水産省発表プレスリリース参照)として公表しました。

これに基づき、今般、国内のクロマグロ養殖業の管理を強化するため、また、「全米熱帯まぐろ類委員会(※IATTC)」への協力を推進するため、以下の取組を開始することにしました。

IATTC:Inter-American Tropical Tuna Commission 

 

2. 国内のクロマグロ養殖業の管理強化について

国内におけるクロマグロ養殖の実態を正確に把握していくため、「漁業法」に基づき、国内のクロマグロ養殖業者に対して、養殖実績(養殖施設の設置状況、種苗の入手先、活込み状況、移送状況及び出荷状況)について、報告を求めることにしました。

なお、提出される報告については、暦年毎にとりまとめ、平成24年以降、毎年3月頃に公表する予定です。

くろまぐろ養殖実績報告書(エクセル:75KB) 

 

3. メキシコ産輸入クロマグロの情報収集について

メキシコにおける太平洋クロマグロの漁獲実態を正確に把握していくため、「まぐろ資源の保存及び管理の強化に関する特別措置法」に基づき、輸入業者に対して、漁獲情報(漁船名、漁獲量等)、蓄養情報(蓄養業者名、活込み重量、サイズ組成等)、貿易情報(重量、輸出会社等)等について、報告を求めることにしました。

なお、提出される報告については、情報をとりまとめ、IATTC等に提供することにより、IATTCにおける太平洋クロマグロの適切な保存及び管理の強化を図ります。

 

 

 

 

お問合せ先

 

資源管理部国際課
担当者:梶脇
代表:03-3502-8111(内線6745)
ダイヤルイン:03-3502-8459

増殖推進部栽培養殖課
担当者:養殖企画班 岩本
代表:03-3502-8111(内線6821)
ダイヤルイン:03-3502-0895

資源管理部遠洋課
担当者:海洋漁業資源管理班 福井
代表:03-3502-8111(内線6721)
ダイヤルイン:03-3502-8204