このページの本文へ移動

境港漁業調整事務所

メニュー

当事務所管内の主な漁業に関する情報

   

指定漁業

指定漁業とは、水産動植物の繁殖保護又は漁業調整のため漁業者及びその使用する船舶について制限措置を講じる必要があり、かつ、政府間の取り決め、漁場の位置その他の関係上制限措置を統一して講じることが適当な漁業であって政令で定める漁業のことをいいます。当該漁業を営もうとする者は、船舶ごとに農林水産大臣の許可を受けなければいけません。当事務所管内では主に以下の漁業が営まれています。

・沖合底びき網漁業


・大中型まき網漁業


いか釣り漁業


日本海べにずわいがに漁業


【関連情報】指定漁業の許可に関する情報(水産庁サイト)

 

特定大臣許可漁業(旧承認漁業)

農林水産省令に基づき、水産動植物の繁殖保護又は漁業調整のため、特定の種類の水産動植物の採捕を目的として営む漁業又は特定の漁業の方法により営む漁業に対して制限措置を講ずる必要がある漁業のことです。具体的には、漁船規模が比較的小さい等の理由により指定漁業ほど厳しい参入規制をかける程ではないものの、漁船隻数を一定程度に制限する必要があることから、毎年、農林水産大臣から船舶(漁船)ごとに許可を受けた者に限りこれらの漁業を営むことができる許可制度となっています。当事務所管内で営まれる特定大臣許可漁業は、以下のとおりです。

ずわいがに漁業

 

届出漁業

農林水産省令に基づき、水産動植物の繁殖保護又は漁業調整のため、国が漁業実態を把握する必要がある漁業のことです。具体的には、届出漁業を営もうとする漁業者は、操業期間ごと及び船舶(漁船)ごとに農林水産大臣に届出を行い、操業の結果を報告することが義務づけられる制度となっています。当事務所管内で営まれる届出漁業は、以下のとおりです。

小型するめいか釣り漁業


・暫定措置水域沿岸漁業
暫定措置水域において動力漁船により行う漁業であって、大臣管理漁業を除く全ての漁業。



 沿岸くろまぐろ漁業

沿岸くろまぐろ漁業とは、日本海・九州西の海域において、動力漁船を使用してくろまぐろをとることを目的とする漁業で、当該漁業を営もうとする者は、船舶ごとに日本海・九州西広域漁業調整委員会の承認を受けなければなりません。主な漁法として曳き縄、はえ縄、釣りなどがあります。

【関連情報】広域漁業調整委員会指示(水産庁サイト)

 
                      

お問合せ先

境港漁業調整事務所

担当者:資源課
ダイヤルイン:0859-44-3681
FAX番号:0859-44-3683

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader