このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

米国向け輸出エビ製品に関する証明書の発行について

概要

米国は、1996年5月1日付け「エビ底引き網漁業におけるウミガメの保護に関する公法第101-162号」(以下「エビ・カメ法」という。)により、エビ漁業に対して、ウミガメを混獲するおそれのない海域での操業又はエビ漁業におけるウミガメの混獲回避措置の実施を求めています。

エビ・カメ法に基づく米国向け輸出エビ製品に関する証明書について、下記の要領に基づき発行します。

証明書発行対象のエビ

証明書の発行対象となるエビは以下のとおりです。要領に記載された詳細な内容を必ず確認して下さい。

  1. 養殖により日本国内で生産されたエビ(漁獲前日までに30日以上飼育)
  2. 要領に定めた北海道の一部海域において漁獲されたホッコクアカエビ

要領・様式

下記の要領にしたがい、水産庁へ証明書の発行を申請して下さい。

その他

申請が混み合っている場合、受付から交付までに1週間程度かかる場合がありますのでご了承下さい。

郵送にて申請される際には、必ず返信用封筒(送付先を記入し切手を貼ったもの)を同封して下さい。

お問合せ先

漁政部加工流通課
担当者:輸出担当
代表:03-3502-8111(内線6610)
ダイヤルイン:03-3501-1961
FAX:03-3591-6867

メールアドレス:export-certificate@maff.go.jp

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader