このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

平成24年5月17日

韓国の「日本産水産物への新たな安全管理」について

各県水産物輸出担当者
水産物輸出事業者各位

韓国の「日本産水産物への新たな安全管理」について

韓国政府より、「日本産水産物への新たな安全管理(平成24年5月15日付)」について通知がありました。韓国向け水産物輸出の関係者の皆様には、下記をご留意の上、水産庁、関係自治体が発行する証明書(放射能証明書、産地証明書)の申請手続きをお願いいたします。

1.今回の新たな安全管理の概要

(1)放射能証明書の提出が必要な地域

(ア)日本側検査で新基準値(100Bq/Kg)を超過した事例のある10都県

青森岩手、宮城、福島、東京、神奈川、茨城、千葉、栃木、群馬

(イ)韓国側検査で検出限界値(0.7Bq/Kg)を超過した事例のある5道県

北海道三重愛媛長崎熊本

注:下線の7道県は新たな対象

これまで、放射能証明書が必要な13都県のうち、山形、新潟、長野、埼玉、静岡は不要

(2)放射能証明書発行の際の放射能検査の厳格化

検出限界値 0.7Bq/Kg 以下の検査機器による検査の義務付け

(3)施行日

上記(1)は6月1日の船積み分から適用。(2)は6月16日の船積み分から適用

2.証明書(放射能証明書、産地証明書)の申請に当たっての留意点

(1)記載事項の追加

放射能証明書の記載内容に生産海域(県単位)、及び加工地(県単位)を追加

(2)施行日

6月1日の船積み分から適用

3.注意事項

  1. (1)放射能証明書が不要な32府県については、産地証明書が必要
  2. (2)検査機器はゲルマニウム半導体検出器とし、検出限界値 0.7Bq/Kg 以下で測定
  3. (3)韓国の放射性物質(セシウム134,137合計)の一般食品(水産物含む)の基準値は、100Bq/Kg 以下

お問合せ先

漁政部加工流通課
担当者:輸出担当
代表:03-3502-8111(内線6610)
ダイヤルイン:03-3501-1961
FAX:03-3591-6867