このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

「水際対策強化に係る新たな措置(19)」に基づく業所管省庁の事前審査について(一時停止)

⽔際対策強化に係る新たな措置(20)に基づき、本年12月31日までの間、受入責任者から当庁への申請の受付及び事前審査を停止いたします。
詳細につきましては、以下のURLをご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00318.html

⽔際対策強化に係る新たな措置(19)(以下「新たな措置」という。)に基づき受⼊責任者(⼊国者を雇⽤する⼜は⼊国者を事業・興⾏のために招聘する企業・団体等)が業所管省庁(当該企業・団体等を所管する省庁)から事前に審査を受け、受⼊責任者が⾏動管理等に責任を持つことを前提に、「⼊国・帰国後14⽇間の⾃宅等待機期間内の⾏動制限の緩和措置」及び「外国⼈の新規⼊国制限の緩和措置」を実施することとなりました。

⽔産庁では、⽔産業の受⼊責任者から、以下の⼊国者に係る新たな措置の事前審査を受け付けています。
・漁業・養殖業、⽔産加⼯の技能実習⽣
・漁業・養殖業の特定技能外国⼈※
・技能実習・特定技能以外の在留資格及び⽇本⼈の帰国者
※飲⾷料製造業の特定技能外国⼈の⼊国者については、農林⽔産省⼤⾂官房新事業・⾷品産業部⾷品製造課(03-6744-2092)へ申請してください。

「新たな措置」の適⽤を希望する場合は、以下の厚⽣労働省HPに掲載されている実施要領や制度概要資料、Q&A等を御覧いただき、「入国者健康確認システム(ERFS:エルフス)」から申請をお願いいたします。ご不明な点がありましたら、厚生労働省「水際対策強化に係る新たな措置(19)コールセンター」にお問い合わせください。

厚⽣労働省HP:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00318.html

入国者健康確認システム:https://www.hco.mhlw.go.jp/entry-announce/

<厚生労働省>水際対策強化に係る新たな措置(19)コールセンター(対応時間:09時00分~21時00分(土日祝日を含む))
電話番号:
   (ア)0120-220-027
   (イ)0120-248-668
   (ウ)0120-110-857
   (エ)050-1751-2158
   (オ)050-1741-8558

なお、「審査済証」の発給には、2~3週間程度を要する場合がありますので、査証申請希望日や申請書の提出については余裕をもって申請願います。

お問合せ先

漁政部企画課

ダイヤルイン:03-6744-2340