このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

(2)漁村の現状と役割


(漁村の現状)

我が国は約7千の島々から成る島国であり、海岸線の総延長は約3万5千kmに及びます。この長い海岸沿いの津々浦々に、2,879の漁港及び6,298の漁業集落(*1)が存在しています。これらの漁業集落は、漁場に近く天然の良港に恵まれたリアス海岸、半島、離島に多く立地しています。こうした立地は漁業生産には有利である反面、都市部への交通アクセスが悪い、自然災害に対して脆弱(ぜいじゃく)である、平地が乏しいなど、生活や漁業以外の産業の面では不利な条件下に置かれています。漁港背後集落(*2)の地域指定の状況をみると、半島地域にあるものが34%、離島地域にあるものが19%となっており、また、その立地特性においては、背後に崖(がけ)や山が迫る狭隘(きょうあい)な土地にあるものが58%、急傾斜地にあるものが27%を占めています(表2−4−1、図2−4−2)。


*1  漁港を核として、当該漁港の利用関係にある漁業世帯の居住する範囲を、社会生活面の一体性に基づいて区切った範囲。
*2  漁港の背後に位置する人口5千人以下かつ漁家2戸以上の集落。

表2-4-1 漁港背後集落の地域指定の状況
図2-4-2 漁港背後集落の立地特性
 

こうした立地条件から、漁村の高齢化率は全国平均を約10ポイント上回って上昇しています。また、高齢化の進行に伴って人口は一貫して減少してきており、平成28(2016)年3月末現在の漁港背後集落人口は195万人となっています(図2−4−3)。


図2-4-3 漁港背後集落の人口と高齢化率の推移

(漁業・漁村が有する多面的機能)

漁業及び漁村は、国民に多種多様な魚介類を供給するとともに、<1>自然環境を保全する機能、<2>国境監視活動や海難救助等を通して国民の生命財産を保全する機能、<3>居住や交流の場を提供する機能、及び<4>地域社会を形成し維持する機能等の多面的な機能を果たしています(図2−4−4)。漁業者や漁村の住民だけでなく、広く国民一般が、こうした多面的機能の恩恵を享受しているのです。

漁業・漁村の多面的機能は、人々が漁村に住み、漁業が健全に営まれることによって初めて発揮されるものです。漁村の人口減少や高齢化が進行し、漁村の活力が衰退していけば、多面的機能の発揮にも支障が生じます。このため、国では、自然環境や生態系の保全、海難救助や国境監視等の漁業者が行う多面的機能の発揮に資する活動への支援を実施しており、各地で活発な活動が行われています。


図2-4-4 漁業・漁村の多面的機能

事例:川の自然に親しむふれあい魚釣り大会(宮崎県延岡市(のべおかし)  北川(きたがわ)漁業協同組合)

川の自然に親しむふれあい魚釣り大会1

川の自然に親しむふれあい魚釣り大会2

宮崎県を流れる北川は、アユやウナギが豊富に生息し、ホタルの生息地としても知られる清流です。子どもたちの川離れが進んでいることを危惧した北川漁業協同組合では、家族で川や自然に触れる機会を提供することで、河川環境保全の意識を高めるとともに、人が集う川づくりを進めようと、ふれあい魚釣り大会を実施しています。

参加者は年々増加しており、平成28(2016)年11月に開催された第10回大会では、福岡県など県内外から千人を超える参加者がありました。また、スタッフも、地域住民、大学生、建設業者、ダム管理者や行政機関からボランティアとして百名以上が参加しています。

ふれあい魚釣り大会では、全員で河川清掃を行い、その後、魚釣りや、ニジマス・モクズガニのつかみどりなど、様々な体験を行います。最も歓声があがるのは魚まきです。魚が餅まきのように参加者の頭上からまかれ、川に入れなかった小さな子どもも大人も必死につかみとります。とった魚は、その場で塩焼きにして食べることもできます。このほかにも、同組合では、地域住民と一体となった清掃活動や魚の住みか・餌場の造成活動、伝統漁法の竿掛け(*1)体験等を通じ、地域住民が集い、遊びたくなる川づくりが進められています。

このように、北川は、地域資源を活用し、様々な体験を通して、五感で環境保全の意識や地元の文化を学ぶことができる教育・学習の場となっています。


*1  長さ2m程度の竿の先につけた針でアユを引っかけて獲る伝統的な漁法。
 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader