このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

(4)情報の収集・活用の重要性

以上みてきたように、漁業を行う上で、海洋環境や資源状況を把握することは非常に重要なことです。今後も、発達の著しいICTを始め新しい技術を活用して、多くの情報を収集・分析しつつ海洋環境や資源状況に関する研究を進め、漁業者に信頼度が高い情報を提供することによって、持続的な漁業につながることが期待されます。