このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

TVアニメ「放課後ていぼう日誌」と一緒に遊漁のルールとマナーを学ぼう

  • 印刷
令和2年7月7日
農林水産省
~「遊漁のルールとマナー」7月上旬から随時無料配布開始~

水産庁では、TVアニメ「放課後ていぼう日誌」とタイアップし、「遊漁のルールとマナー」に関するパンフレットをリニューアルしました。イラストはこのパンフレットのための描き下ろしです。本パンフレットは、水産庁のWebサイトからダウンロード出来るほか、イベントや講習会、全国の釣具店で7月上旬から無料配布します。
遊漁パンフリニューアル

1.遊漁のルールとマナー

  我が国において、釣りは代表的なレジャーであり、多くの国民が釣りを楽しんでいます。
  また、釣りを含めた自然体験が豊富な子供は自己肯定感や道徳観・正義心が高くなり、やる気や生きがいをより強く持ちやすくなる傾向にあり、情操教育上の効果も期待されています。
遊漁人口等
  しかしながら、一部の釣り人によるゴミの放置や駐車違反、漁業者とのトラブルなどにより、漁港等が釣り禁止になる事態が生じているほか、釣りそのもののイメージ悪化にもつながっています。
  水産庁では、釣りを含めた遊漁に関するルールの周知、マナーの向上を目指しパンフレットを作成し、釣りの各種イベントや釣り団体が行う講習会などで配布し、普及・啓発を行っています。
  今回、釣り経験者はもちろん、釣りに興味を持たれている方、釣りをこれからやってみようと思っている方、女性や若年層に対しても、手に取りやすい内容となるよう、TVアニメ「放課後ていぼう日誌」とタイアップし、パンフレットをリニューアルしました。
  本パンフレットは、水産庁のホームページ(「遊漁の部屋」サイト)からダウンロード出来るほか、水産庁が参加する釣りイベントや講習会、全国の釣具店で7月上旬から無料配布します。
  これから、多くの釣り人が海や川などの水辺へと繰り出す季節となりますが、楽しい釣りをいつまでも続けていくことができるよう、ルールを知り、マナーを守って、安全に釣りを行って下さい。

水産庁HP「遊漁の部屋」
https://www.jfa.maff.go.jp/j/enoki/yugyo/index.html

2.放課後ていぼう日誌(本日より放送)

  本アニメは、釣り未経験者の女子高生・鶴木陽渚(つるぎ・ひな)が、転校先の「ていぼう部」に入部し、先輩(黒岩悠希(くろいわ・ゆうき))、大野真(おおの・まこと)や同級生(帆高夏海(ほだか・なつみ))達との部活動(釣り)と部員4人のほのぼのとした日々のやりとりを描いた作品です。
  生き物の苦手な陽渚から見た生き物の不思議や、初心者からみた釣りの難しさとそれを克服する様子や、釣りを通じて生き物の大切さや美味しく頂く楽しみ、釣りのルールやマナーを学ぶ様子など、パンフレットを手にした皆様も共感出来る内容となっています。
放課後ていぼう日誌キャラクター
 
<添付資料>
報道発表資料
パンフレット(遊漁のルールとマナー~海と川、魚との付き合い方~)

お問合せ先

水産庁資源管理部管理調整課沿岸・遊漁室

担当者:小川、束原
代表:03-3502-8111(内線6705)
ダイヤルイン:03-3502-7768
FAX番号:03-3595-7332