このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

水産流通適正化法に係る説明会(輸出入関係)の開催及び参加者の募集について

  • 印刷
令和4年3月29日
農林水産省

水産庁は、「特定水産動植物等の国内流通の適正化等に関する法律(令和2年法律第79号)」の施行を控え、特定第一種及び特定第二種水産動植物等を取扱う輸出・輸入事業者等を対象に、法律の内容を広く周知する説明会を4月19日(火曜日)及び26日(火曜日)にオンラインにより開催します。
本説明会は公開です。ただし、録画・録音は冒頭のみ可能です。

1.概要

令和2年12月11日、「特定水産動植物等の国内流通の適正化等に関する法律」が公布されました。
本法律は、違法に採捕された水産動植物の流通を防止するため、特定の水産動植物等について、取扱事業者間における漁獲番号等の情報の伝達、取引の記録の作成・保存、輸出入に際し適法に採捕されたものである旨を証する書類の添付の義務付け等の措置を講ずるものです。
今般、この法律の内容について、特定第一種水産動植物(アワビ、ナマコ)の輸出や特定第二種水産動植物(イカ、サンマ、サバ、マイワシ)の輸入事業者等に対し広く周知することを目的として、説明会を開催いたします。
なお、本説明会では、法の適用が令和7年12月に予定されている特定第一種水産動植物のシラスウナギに関する説明は予定しておりません。

水産流通適正化制度の概要についてはこちらを御確認下さい。

2.開催日時及び場所

開催日時:令和4年4月19日(火曜日)10時00分~12時00分
     令和4年4月26日(曜日)10時00分~12時00分
説明の内容は各回とも同じです。
会場:オンライン(Webexによるウェブ会議システムを使用)

3.内容

水産流通適正化法について(輸出入関係)

4.参加申込方法

4月19日、26日の説明会は、参加希望者多数により受付を締め切りました。(4月18日追記)

参加に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守られない場合は、参加をお断りすることがあります。
(ア)参加の際には、質問等で発言する場合を除き、マイクをミュートに設定すること。
ウェブ会議を録画、録音しないこと。(報道関係者による冒頭カメラ撮りを除く)
(イ)インターネット通信料は、参加者の負担となります。
(ウ)パソコン、タブレット、スマートフォン等での参加が可能ですが、安定したネットワーク環境を推奨します。
(エ)ネットワークの回線状況やwi-fi環境等により動作に支障等が出る場合がございますので、あらかじめ御了承ください。

なお、参加申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、確認等御本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。

5.その他

説明会は公開です。なお、冒頭のみ録画・録音が可能です。
Webexの参加上限の都合上、参加希望者が多数の場合は、途中で受付を締め切らせていただきます。
オンライン参加用のURLについては、開催日前日までにメール(メールアドレス:tekiseika_suisan@maff.go.jp)でご連絡いたします。メールアドレスが受信できるように設定してください。

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、資料準備の関係から上記の「参加申込方法」に従いお申し込みください。その際、報道関係者である旨を必ず明記してください。

7.お問合せ先

お問合せは、下記お問合せ先又はメールアドレスtekiseika_suisan@maff.go.jpまでお願いします。

お問合せ先

漁政部加工流通課

担当者:冨樫、寺井、川上、大澤
代表:03-3502-8111(内線6683)
ダイヤルイン:03-6744-2511