このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

外国違法操業漁船対応にかかる共同訓練の実施について

  • 印刷
令和2年5月18日
水産庁

令和2年5月18日、19日に、大和堆周辺水域における外国違法操業漁船への対応を想定した、水産庁と海上保安庁による放水措置などの共同訓練を実施します。

1.訓練日

令和2年5月18日(月曜日)、19日(火曜日)

2.実施場所

新潟港沖合水域

3.訓練参加船艇等

水産庁

(1)取締船白鷲丸

(2)取締船白嶺丸

(3)取締船おおくに

(4)取締船むろね(予備船艇)

海上保安庁

(1)新潟海上保安部巡視船えちご

(2)新潟海上保安部巡視船さど

(3)新潟海上保安部巡視艇ゆきつばき

(4)新潟航空基地回転翼航空機

4.訓練概要

水産庁の取締船及び海上保安庁の巡視船・航空機が連携し、外国違法操業漁船への退去警告、放水措置訓練等を実施する。

5.その他

(1)新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、取締船に乗船しての取材はご遠慮願います。

(2)海上保安庁第九管区海上保安本部からも同旨の広報が行われる予定です。

お問合せ先

訓練に関すること

水産庁漁業取締本部新潟支部
(新潟漁業調整事務所)
担当者:池田、根本
代表:025-248-3303
FAX番号:025-248-3308

漁業取締りに関すること

水産庁漁業取締本部
(資源管理部漁業取締課)
担当者:中村、古賀
代表:03-3502-8111(内線6670)
ダイヤルイン:03-3502-3805
FAX番号:03-3502-0167