このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

みなみまぐろ保存委員会第16回年次会合(CCSBT16)の開催について

  • 印刷
平成21年10月16日
水産庁

 平成21年10月20日から23日まで、済州島(韓国)において、みなみまぐろ保存委員会第16回年次会合(CCSBT16)が開催され、ミナミマグロの総漁獲可能量等について話し合われる予定となっておりますので、お知らせします。

なお、会議は非公開です。ただし、冒頭カメラ撮りのみ可能です。

 

1. 概要

みなみまぐろ保存委員会(CCSBT)は、ミナミマグロの保存及び最適利用の確保を目的とし、平成6年に設立された地域漁業管理機関であり、年1回開催される年次会合にて、総漁獲可能量(TAC)及び国別漁獲枠等の保存管理措置を決定する。 

2. 開催日・場所

平成21年10月20日(火曜日)~23日(金曜日)    於:済州島(韓国)

(10月18日及び19日に第4回遵守委員会を開催)

3. 参加予定国・地域

日本、豪州、NZ、韓国、インドネシア、台湾*1、フィリピン*2、南ア*2、EC*2

*1: 台湾を正式に議論に参加させる枠組である拡大委員会のメンバー

*2: 協力的非加盟国・機関

4. 我が国出席者

宮原水産庁資源管理部審議官(政府代表)ほか、水産庁、外務省、経済産業省、(独)水産総合研究センター遠洋水産研究所、業界の関係者

5. 主な議題

  • ミナミマグロの総漁獲可能量(TAC)及び国別漁獲枠の設定
  • ミナミマグロ資源回復計画措置の検討

 

<添付資料>

お問合せ先

資源管理部国際課
担当者:国際協定第1班 下村、川島
代表:03-3502-8111(内線6745)
ダイヤルイン:03-3502-8459
FAX:03-3502-0571

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader