このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

「全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC)第83回 年次会合」の開催について

  • 印刷
平成24年6月22日
水産庁

平成24年6月25日(月曜日)から29日(金曜日)まで、「全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC)第83回 年次会合」がラホヤ(アメリカ合衆国)で開催されます。会議は非公開ですが、冒頭カメラ撮りは可能です。

1.全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC)について

「全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC)」は東部太平洋のかつお・まぐろ類資源の持続的利用を目的とする地域漁業管理機関です。
IATTC: Inter-American Tropical Tuna Commission

2.日程及び場所

日時:平成24年6月25日(月曜日)から29日(金曜日)まで
場所:ラホヤ(アメリカ合衆国)

3.参加予定国・地域

日本、ベリーズ、コスタリカ、グアテマラ、パナマ、カナダ、エクアドル、ペルー、中国、エルサルバドル、韓国、米国、メキシコ、バヌアツ、コロンビア、フランス、ニカラグア、ベネズエラ、EU、台湾(19ヶ国+EU、台湾)
我が国出席者: 太田 愼吾 水産庁 国際課 首席漁業調整官ほか、水産庁、独立行政法人 水産総合研究センター及び関係業界の関係者

4.主要議題

(1)メバチ・キハダの保存管理措置について
(2)太平洋クロマグロの保存管理措置について

5.参考

(1)2012年の主な保存管理措置
メバチ・キハダの保存管理措置
まき網漁業:62日間の全面禁漁。沖合特定区での1ヶ月間禁漁。
はえ縄漁業:2007年のメバチ漁獲枠の5%減(我が国漁獲枠32,372トン)
太平洋クロマグロについての保存管理措置は、現在、設定されていない。

(2)条約水域における我が国漁船の操業状況(2010年)
はえ縄船約100隻が、メバチ14,633トン、キハダ3,334トンを漁獲(クロマグロの漁獲はない)。

6.その他

会議は非公開ですが、冒頭のカメラ撮りは可能です。
報道対応については、IATTC事務局へお問い合わせください。
IATTC 事務局 連絡先 webmaster@iattc.org
IATTC ホームページ http://www.iattc.org/HomeENG.html

 <添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)
全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC)の概要(PDF:68KB)

お問合せ先

資源管理部国際課
担当者:田上、佐々木
代表:03-3502-8111(内線6745)
ダイヤルイン:03-3502-8459
FAX:03-3504-2649