このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

マーケット・イン型養殖業等実証事業の公募の開始について

  • 印刷
令和2年6月15日
水産庁

水産庁では、養殖業の成長産業化に向けて、マーケット・イン型養殖業への転換を推進しています。この度、特定非営利活動法人水産業・漁村活性化推進機構(以下「水漁機構」という。)が、マーケット・イン型養殖業へ転換したい養殖経営体を支援する「マーケット・イン型養殖業等実証事業」について、事業実施者を公募しますのでお知らせします。

1.事業の概要

マーケット・イン型養殖業とは、国内外の地域の需要に応じた養殖品目や利用形態の質・量の情報を能動的に入手し、その需要に対し定質・定量・定時・定価格の養殖生産物の供給を可能とする計画的な生産を行う養殖業です。
マーケット・イン型養殖業等実証事業では、養殖経営体の販売力・生産性向上に繋がる生産基盤を強化するために、「養殖業事業性評価ガイドライン(令和2年4月28日策定)」を活用して作成する養殖業改善計画の作成経費(外部評価費)と、認定された養殖業改善計画に基づく資材・機材の導入経費を支援することで、マーケット・イン型養殖業への転換を促します。

2.公募内容

(1)支援内容
   養殖業改善計画を作成するための外部評価費支援(定額補助・上限額100万円)
   ※本支援を受けた養殖経営体のうち、作成した養殖業改善計画が評価委員会で認定された
     経営体は、別途、資材・機材の導入経費の補助(1/2補助・上限額5,000万円)を受ける
     ことが出来ます。

(2)公募期間
   令和2年6月15日(月曜日)~令和2年7月15日(水曜日)
   ※申込者多数の場合は、公募期間を短縮する場合があります。

(3)公募対象者
   海面魚類養殖を営む養殖経営体又は養殖経営グループ

(4)公募要領、応募様式、応募書類の提出先等
   提出先については、以下の水漁機構のURLをご参照下さい。
   http://www.fpo.jf-net.ne.jp/gyoumu/hojyojigyo/01kozo/kozo.html

3.参考

マーケット・イン型養殖業等実証事業の紹介ページ(水産庁HP)
https://www.jfa.maff.go.jp/j/saibai/yousyoku/market_in.html
養殖業事業性評価ガイドラインの策定について(令和2年4月28日付けプレスリリース)
https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/saibai/200428.html

お問合せ先

(事業全般について)
水産庁増殖推進部栽培養殖課
担当者:鈴木・濱本・中井
代表:03-3502-8111(内線6820)
ダイヤルイン:03-6744-2383
FAX番号:03-6744-2386

(公募要領、応募様式、応募書類の提出先について)
特定非営利活動法人 水産業・漁村活性化推進機構
担当者:(沿岸班)平山・藤田
電話番号:03-6866-7111