このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

2,000トン型新造漁業取締船「鳳翔丸」の命名・進水式について

  • 印刷
令和3年3月30日
水産庁

2,000トン型新造漁業取締船「鳳翔丸(ほうしょうまる)」の命名・進水式が、ジャパン マリンユナイテッド株式会社 横浜事業所 磯子工場において行われましたのでお知らせします。

農林水産大臣   野上浩太郎   揮毫

1.命名・進水式の概要

   2,000トン型新造漁業取締船につきましては、令和3年3月30日(火曜日)、建造が行われたジャパン マリンユナイテッド株式会社 横浜事業所 磯子工場において、野上浩太郎農林水産大臣出席のもと、命名・進水式が執り行われました。式典では、野上農林水産大臣による、新造船「鳳翔丸」の命名と、支綱切断が行われました。

2.漁業取締船「鳳翔丸」の概要

   「鳳翔丸」は、各種装備を取り付ける艤装工事の後、令和4年3月に竣工予定となっており、就役後、取締船の中でも最大級の能力を活かし、主に北太平洋公海(NPFC水域)、日本海大和堆周辺水域等での外国漁船に対する漁業取締りに活躍することが期待されております。

(要目)
・全長:約87m
・全幅:約14m
・総トン数:約2,160トン
・最大搭載人員:40人
・定係港:東京港

お問合せ先

漁政部漁政課船舶管理室

担当者:戸叶、岩﨑
代表:03-3502-8111(内線6515)
ダイヤルイン:03-3501-9562
FAX番号:03-
3591-6810

資源管理部漁業取締課

担当者:今治
代表:03-3502-8111(内線6671)
ダイヤルイン:03-3502-0942
FAX番号:03-3502-0167