このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

令和元年度マサバ及びゴマサバ4系群の更新後の資源評価結果等の公表について

  • 印刷
令和2年1月15日
水産庁

新たな資源管理の実施に向け、優先的に検討を開始するマサバ太平洋系群等4魚種7系群について、国立研究開発法人水産研究・教育機構により、資源管理目標案と漁獲シナリオ案等が取り まとめられ、昨年6月に公表されたところです。
このうち、スケトウダラ日本海北部系群・太平洋系群及びホッケ道北系群については、最新の情報に基づく資源評価が行われ、昨年11月15日に資源状況等が更新されましたが、このたびマ サバ及びゴマサバについても最新の情報に基づく資源評価が行われ、資源状況等が更新されま した。また、資源管理方針に関する検討会で受けた指摘事項に対する試算も行われましたので、これらの結果を公表します。

マサバ及びゴマサバ4系群の資源状況等の更新について

1.概要
(1)改正漁業法における新たな資源管理においては、資源を、現在の環境下において持続的に採捕可能な最大の漁獲量を達成できる資源水準(MSY水準)に維持又は回復させることを管理の目標としています。
このような新たな資源管理の実施に向け、先行して関係者との議論を進めることとしているサバ類、スケトウダラ及びホッケの4魚種7系群について、
(ア)資源状況、
(イ)資源管理目標、
(ウ)複数の漁獲シナリオ案、
(エ)毎年の資源量や漁獲量の推移
等が令和元年6月に公表されました。

(2)4魚種7系群のうち、マサバ太平洋系群・対馬暖流系群、ゴマサバ太平洋系群・東シナ海系群について、最新の情報に基づく資源評価が令和元年11月末に行われ、(ア)資源状況と、(エ)毎年の資源量や漁獲量の推移等が更新されたことから、今回、その結果が公表されました。なお、(イ)資源管理目標案、(ウ)複数の漁獲シナリオ案については、今回更新されていません。

(3)また、前回の資源管理方針に関する検討会で受けた指摘事項について、最新のデータに基づく試算を行い、
(ア)より詳細な漁獲のシミュレーションに基づく将来の漁獲量の推移や、
(イ)過去にMSY水準へ維持・回復させる管理を行っていた場合の管理効果
などが公表されました。

2.マサバ及びゴマサバの更新後の資源評価結果の概要
マサバ及びゴマサバ4系群の資源状況等に関する更新結果の概要につきましては、水産研究・教育機構が取りまとめた添付資料を御覧ください。

3.マサバ及びゴマサバの更新後の資源評価結果の詳細と前回の検討会で受けた指摘事項に対する試算結果
マサバ及びゴマサバ4系群の資源状況等に関する更新後の評価結果の詳細及び検討会で受けた指摘事項に対する試算結果については、水産研究・教育機構の以下のURLで公表しています。
http://www.fra.affrc.go.jp/shigen_hyoka/SCmeeting/2019-1/

<添付資料>
主な更新内容(PDF : 46KB)
資源状況等の概要
 マサバ(太平洋系群)(PDF : 1,085KB)
 マサバ(対馬暖流系群)(PDF : 1,193KB)
 ゴマサバ(太平洋系群)(PDF : 906KB)
 ゴマサバ(東シナ海系群)(PDF : 1,206KB)

お問合せ先

資源状況等の公表について

水産庁増殖推進部漁場資源課
担当者:船本、冨澤
代表:03-3502-8111(内線6800)
ダイヤルイン:03-6744-2377
FAX番号:03-3592-0759

資源状況等の内容について

国立研究開発法人水産研究・教育機構研究推進部
担当者:神山、照屋、森永
代表:045-227-2600(内線2674)
FAX番号:045-227-2700