このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

令和元年度我が国周辺水域の水産資源に関する評価結果の公表について

  • 印刷
令和2年1月29日
水産庁

水産庁は、我が国周辺水域の主要な水産資源である、スルメイカ秋季発生系群等3系群について資源評価を行い、昨年11月に公表した資源評価対象魚種・系群(46魚種77系群)とあわせ、48魚種80系群について、「令和元年度我が国周辺水域の水産資源評価」として取りまとめました。

1.我が国周辺水域の水産資源の調査・評価について

水産庁では、水産資源の適切な保存及び管理に資するため、国立研究開発法人水産研究・教育機構を代表とする共同実施機関への事業委託により、毎年、我が国周辺水域の主要な水産資源について資源調査・評価を行い、結果を公表しています。
資源評価の対象魚種・系群は、TAC(漁獲可能量)制度の対象魚種であるマイワシ、マアジ、マサバ及びゴマサバ等を含む50魚種87系群です。
今回は、スルメイカ秋季発生系群、スルメイカ冬季発生系群、ブリについて資源評価がとりまとめられたことから、昨年11月に公表していた46魚種77系群とあわせ、48魚種(※1)80系群の資源水準や動向(※2)等の評価結果を公表します。
また、新たな資源管理の実施に向け、先行して関係者との議論を進めることとしているマサバ2系群、ゴマサバ2系群、スケトウダラ日本海北部系群・太平洋系群及びホッケ道北系群の4魚種7系群については、提示している資源管理目標や漁獲シナリオの案等を別途公表(※3)しています。
なお、資源評価対象魚種については、令和元年度より50魚種から17魚種(※4)を追加し、67魚種に拡大することとしており、資源評価を行った後に公表する予定です。

※1 48魚種:50魚種から新たな資源管理の実施に向け、先行して関係者との議論を進めることとしている4魚種7系群のうちマサバとゴマサバを除いた48魚種。スケトウダラについては、既報の日本海北部系群と太平洋系群以外に根室海峡とオホーツク海南部の2系群が存在し、ホッケについては既報の道北系群以外に根室海峡・道東・日高・胆振と道南系群の2系群が存在するため、46魚種ではなく48魚種となっている。
※2 資源水準と動向:資源水準は、過去20年以上にわたる資源量や漁獲量等の推移から「高位・中位・低位」の3段階で区分。資源動向は、過去5年間の資源量や漁獲量等の推移から「増加・横ばい・減少」の3段階で区分
※3 公表先:http://www.fra.affrc.go.jp/shigen_hyoka/SCmeeting/2019-1/
※4 17魚種:キビナゴ、ホソトビウオ、ツクシトビウオ、ハマトビウオ、ウスメバル、アイナメ、アカムツ、イサキ、イシガレイ、マコガレイ、メイタガレイ、クルマエビ、クマエビ、ガザミ、コウイカ、マルソウダ、ツノナシオキアミ

2.資源評価結果の概要

資源評価を行った80系群の資源水準は、高位が19系群、中位が26系群、低位が35系群でした(図1)。
このうち、TAC魚種については、高位が1系群、中位が8系群、低位が4系群でした。
また、資源評価対象魚種のうち、我が国の漁業や国民生活上重要である主要魚種(※5)については、高位が9系群、中位が14系群、低位が10系群でした(図2)。
我が国周辺水域の水産資源は、資源水準が高位又は中位水準にあるものが約半数を占めているものの、残りの約半数は依然として低位にとどまっています。なお、系群ごとの評価結果の概要については、別途公表しています(「3.公表先」を参照)。

※5 主要魚種:マアジ、マイワシ、スケトウダラ、ズワイガニ、スルメイカ、マダラ、ウルメイワシ、カタクチイワシ、ベニズワイガニ、ホッケ、ブリ、マダイ、トラフグ
これらの魚種は、次のいずれかに該当。
(1)TAC魚種
(2)漁獲量が1万トン以上で生産額が100億円以上の魚種
(3)生産額が10億円以上で国の資源管理指針に記載されている魚種

図1 我が国周辺水域の水産資源に関する資源水準の状況及び推移(48魚種80系群)
図1の円グラフ
図1の推移グラフ
  年度によって資源評価対象系群は異なる。

図2 我が国周辺水域の水産資源に関する資源水準の状況及び推移(主要13魚種33系群)

図2円グラフ図2推移グラフ
※  年度によって資源評価対象系群は異なる。

3.公表先

系群ごとの資源評価の概要については、以下のURLで公表しています。
http://abchan.fra.go.jp/index1.html

<添付資料>
令和元年度我が国周辺水域の資源評価一覧(PDF : 71KB)

お問合せ先

増殖推進部漁場資源課

担当者:沿岸資源班 船本、冨澤
代表:03-3502-8111(内線6800)
ダイヤルイン:03-6744-2377
FAX番号:03-3592-0759