このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

漁業近代化資金のご案内

漁業近代化資金のご案内

資金の目的

 この資金は、漁業者等に対して水産業協同組合又は農林中央金庫が行う長期かつ低利の施設資金等の融通を円滑にするため、国や都道府県が利子補給措置を講じ、もって漁業者等の資本装備の高度化を図り、その経営の近代化に資することを目的としています。

資金の内容

資金使途
 漁船の改造・建造又は取得、漁具、養殖施設(種苗・餌料含む)、水産物処理施設、水産物保蔵施設、水産物加工施設その他の施設の改良、造成又は取得

対象者
 漁業者(個人、法人)、水産加工業者(個人、法人)、漁業生産組合、漁業協同組合、水産加工業協同組合等

借入限度額
 漁船漁業者:9千万円(20トン未満漁船を使用する者)、3億6千万円(20トン以上漁船を使用する者)
 養殖業者:9千万円(個人)、3億6千万円(法人)
 漁協等:12億円

償還期限
 20年以内(据置期間3年以内)

金利
 0.40%~0.45%
 (平成30年11月19日現在)

相談窓口
 お近くのJFにご相談ください。JFマリンバンク・リンク

参考
 漁業近代化資金融通法(昭和44年法律第52号)(PDF : 110KB)
 漁業近代化資金融通法施行令(昭和44年政令第209号)(PDF : 105KB)
 漁業近代化資金融通法施行規則(平成28年農林水産省令第51号)(PDF : 44KB)
 漁業近代化資金融通法施行規程(告示)(PDF : 141KB)
 漁業近代化資金融通要綱(16水漁第2705号農林水産事務次官依命通知) (本文)(PDF : 95KB) (別記様式)(PDF : 56KB) (別紙様式)(PDF : 644KB)
 漁業近代化資金の円滑な融通のためのガイドライン(16水漁第2708号水産庁長官通知) (本文)(PDF : 216KB) (別紙例示1)(PDF : 38KB) (別紙例示2~5)(PDF : 137KB) (別紙例示6~7)(PDF : 91KB)

お問合せ先

漁政部水産経営課

担当者:金融第1班
ダイヤルイン:03-6744-2345
FAX番号:03-3591-1180