このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

平成29年度水産業普及指導員資格試験について

水産業普及指導員資格試験とは

平成16年度までは、水産業改良普及事業に従事する職員として、都道府県に水産業改良普及員と水産業専門技術員が設置されていましたが、平成17年度よりこれら職員が水産業普及指導員に一元化され、水産業普及指導員の資格試験を農林水産大臣が実施することになりました。

この試験の受験資格等の概要を以下に示します。

詳細につきましては水産業普及指導員資格試験実施要領を御覧下さい。

 実務経験

国、都道府県、漁協等において、

  • 水産業に関する試験研究又は教育に従事
  • 水産業に関する普及又は指導に従事

 

実務経験年数

実務経験に該当する業務について、最終学歴等の種類毎に

  • 大学等卒業者:2年以上(大学院卒業者もこれに該当します)
  • 短大等卒業者:4年以上
  • 高等学校卒業者等:6年以上 (高等学校卒業程度認定試験合格者もこれに該当します)

 

試験の種類

書類審査、筆記試験及び口述試験により実施

  • 書類審査

水産業普及指導員資格試験実施要領第5第1項2号に掲げる業績報告書および第5第3項に掲げる審査課題に対する報告書について行います。

  • 筆記試験及び口述試験:専門知識、常識その他水産業普及指導員として必要な能力について行います。

 

試験事務局

水産庁研究指導課普及育成班    〒100-8907    東京都千代田区霞が関一丁目2番1号

 

 

 

btn_reader.gif

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

お問合せ先

増殖推進部研究指導課
担当者:普及育成班
代表:03-3502-8111(内線6779)
ダイヤルイン:03-6744-2374
FAX:03-3591-5314