English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 水産業・漁村の多面的機能 > 多面的機能の解説 > 沿岸域の環境美化・保全


ここから本文です。

 

沿岸域の環境美化・保全

漁村の人々の清掃や植林活動などによって、沿岸域の環境の美化と保全が図られています。

沿岸域の清掃活動

海のごみの現状

私たちが出す多くのごみは、自治体を通じ回収されていますが、陸上の一部のごみは、河川などを通じて海へと流入したり、海岸に投棄されたりします。出水時には大量の流木が海へと流れ込み、漁業施設に被害をおよぼすことも多々あります。さらに近年では、海岸に漂着する外国からのごみも大きな問題となっています。漁村の人々による、こうしたごみの回収の努力は、海辺の環境美化に大きく貢献しています。

0201_01

0201_02

海上漂流物の目視観察結果(H16)
(出典:海上保安レポート2005)

 

 

海岸の清掃

全国の約9割の漁業地区において、漁業者を中心とした海岸への漂着ごみの清掃活動が行われています。その清掃距離は年間約6,400kmにも達します。これはわが国の砂浜海岸の総延長にも相当する距離です。

 

0201_04 0201_03

漁業者による海浜清掃の様子

漁業者と市民による海浜清掃も行われています

 

海面ごみの回収

河川の出水などで海へと流れ込んだ流木等の漂流ごみは、定置網などの漁具に掛かります。漂流ごみを漁業者が回収・処分することが船舶の航行の障害を未然に防止することにつながります。

0201_05 0201_06

 

回収した流木は漁業者が漁港に持ち帰って処分します

 

海底ごみの回収

海底にもたくさんのごみが沈んでいます。底曳網に入るごみは漁業者によって仕分け・回収が行われ、処分されています。

0201_07 0201_080201_09

 

底曳網漁船でのごみの仕分け作業と回収された海底ごみ

 

0201_20

漁業者による漂着・漂流・海底ごみの回収実績(平成17年度)

注)漂流ごみの「被害時」については平成13~17年度の5ヶ年平均

出典:保全活動等に関するアンケート調査(水産庁,2006年)

 

漁民の森づくり

海と森の関係

魚つき林の写真 海は陸の森林から大きな恩恵を受けていると同時に、森林の環境悪化は海にも大きな影響を与えます。漁村の人々は、長い経験の積み重ねから、森と海の環境はつながっていると信じ、海に深いかかわりを持つ森林を「魚つき林」と呼んで大切に守ってきました。

 

魚つき林の概念は江戸時代からあったものと考えられています。当時の文書には、魚附場、小魚蔭林、魚隠林、魚著山、魚付林、魚寄林、網代呂山、魚附山、海辺魚附除山、海上網代など様々な記述をみることができます。こうした林を禁伐にした藩もありました。 農商務省水産局「漁業ト森林トノ関係調査」(明治44年)にも、沿岸に鬱そうとした森林がある場所は好漁場があり、森林の荒廃した場所では魚が近づかなくなった事例が多く述べられています。

 

海と森の関係イメージ図

 

魚つき保安林とは

森林法において、水源のかん養、土砂災害の防備など、特定の公共目的の達成のために指定される森林を「保安林」といいます。

17種類の保安林の種別の中には、「魚つき保安林」という日本独自の保安林区分が設けられています。全保安林に占める割合は少ないですが、平成17年3月現在、全国で5.4万haが指定されています。

 

保安林の延面積(平成17年3月31日現在)

 

種別

合計
(千ha)

比率
(%)

種別

合計
(千ha)

比率
(%)

水源かん養保安林

8,472

70.3

防霧保安林

62

0.5

土砂流出防備保安林

2,455

20.4

なだれ防止保安林

20

0.2

土砂崩壊防備保安林

56

0.5

落石防止保安林

2

0

飛砂防備保安林

16

0.1

防火保安林

0

0

防風保安林

56

0.5

魚つき保安林

54

0.4

水害防備保安林

1

0

航行目標保安林

1

0

潮害防備保安林

13

0.1

保健保安林

693

5.8

干害防備保安林

117

1

風致保安林

28

0.2

防雪保安林

0

0

合計(延面積)

12,046

100

 

100年前の自然の浜を目指して

1988年、北海道の漁業関係者1,400人が札幌に集まりました。“100年かけて100年前の自然の浜”をキャッチフレーズとする「お魚殖やす植樹運動」が、道内全域において一斉に始まりました。以降、15年以上にわたって既に60万本以上の木が植えられています。

この運動をきっかけとして、漁業者による山への植樹活動が注目を集め、今では「漁民の森づくり」として全国各地に漁協を中心とした植樹活動の輪が広がっています。

 

植樹運動の写真 写真提供:北海道漁業組合連合会

植樹運動の写真 写真提供:北海道漁業組合連合会

植樹実績の推移グラフ(1988~2004年)
北海道の「お魚殖やす植樹運動」  

 

 

宮崎県の漁民の森作り (社)海と渚環境美化推進機構 三重県の漁民の森作り (社)海と渚環境美化推進機構三重県の漁民の森作り (社)海と渚環境美化推進機構
宮崎県の漁民の森づくり 三重県の漁民の森づくり

 

災害からの魚つき林の再生

魚つき林の写真(岡山県邑久町漁協)写真提供:岡山県邑久町漁協

岡山県邑久町漁協

平成8年、落雷によってカキ養殖産地の虫明湾を望む山林の大半が焼失しました。周辺の漁業者は、自主的に植樹活動をはじめ、9年経過した今日、豊かな魚つき林が復活しています。

魚つき林の写真(青森県尻屋)

青森県尻屋

海岸の砂丘化による飛砂の影響で、海藻やウニなどの資源が減少したため、明治45年、若い漁業者を中心に植林活動がはじまりました。60年以上の歳月を費やし、岬の一帯には壮麗な魚つき林が再生しました。

 

リンク集


アクセス・地図