English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 水産業・漁村の多面的機能 > 多面的機能の解説 > 藻場・干潟・サンゴ礁の保全 > 藻場の働きと現状


ここから本文です。

 

藻場の働きと現状

0103_01

海面下の海の森である「藻場」を、私たちが直接目で見ることのできる機会は少ないといえます。しかし、陸地を囲むようにして繁茂する海の森の存在がなかったら、豊かな水産資源の恩恵を享受することはできず、水域環境はさらに悪化し汚染が進行したことでしょう。 藻場の役割と種類、そして現在藻場が置かれている状況についてみていきましょう。

0103_02

 

さまざまな藻場の役割

藻場は多くの水生生物の生活を支え、産卵や幼稚仔魚に成育の場を提供する以外にも、水中の有機物を分解し、栄養塩類や炭酸ガスを吸収し、酸素を供給するなど海水の浄化に大きな役割を果たしています。

 

1.水質の浄化

  • チッソ・リンの吸収による富栄養化の防止
  • 透明度の増加と懸濁防止
  • 生物の生存に不可欠な酸素の供給

2.生物多様性の維持

  • 多様な生物種の保全(葉上・葉間・海底)
  • 産卵場の提供
  • 幼稚仔の保育場の提供
  • 流れ藻として産卵・保育場を提供
  • 希少生物への餌の提供

3.海岸線の保全(波浪の抑制と底質の安定)

4.環境学習

5.保養(シュノーケリングやダイビング)

 

0103_16
藻場と干潟の役割イメージ(クリックすると別ウィンドウに拡大して表示します)(GIF:187KB)

藻場の種類

四方を海に囲まれ、豊かな自然と水産資源に恵まれたわが国周辺の沿岸域には、海域や水深、底質によって異なる様々なタイプの藻場が立体的に存在しています。これらのうち、わが国の藻場を特徴づける代表的な藻場は、アマモ場アラメ・カジメ場ガラモ場コンブ場の4タイプです。

藻場の分類

0103_07 アマモ場についての説明を別ウィンドウで表示します。 ガラモ場についての説明を別ウィンドウで表示します。 アラメ・カジメ場についての説明を別ウィンドウで表示します。 コンブ場についての説明を別ウィンドウで表示します。

「海草」と「海藻」

海草と海藻の違いを知っていますか?

海草とは、海中で花を咲かせ種子によって繁殖し、海中で一生を過ごすアマモなどの海産種子植物のことをいいます。比較的浅いところに多く、海底深くに生育することはありません。

海藻とは、海で生活する藻類のことで、胞子によって繁殖します。海藻の根は栄養吸収のためではなく、岩に固着するためのものです。葉色によって緑藻・褐藻・紅藻の3種類に分けられます。世界に約2万種の海藻類があるといわれ、食用にされるのはコンブに代表される褐藻に多く、全部で約50種程度といわれています。

 

海草・海藻の繁殖のかたち

0103_18

海草であるアマモは、 陸上の顕花植物と同様に
海中で花を咲かせ、種子によって増えます。

0103_19

海藻類は遊走子という胞子を海中に放出して増えます。

 

海草・海藻の鉛直分布

0103_06

藻場の減少

 

高度成長期の沿岸域の開発などによって、沿岸域の藻場は大幅に減少しました。原因は埋立、透明度の低下、化学物質の流入、磯焼けなどがあげられます。特に、瀬戸内海では30年間で7割ものアマモ場が減少しました。 0103_03

 

藻場減少の原因

 

埋立による浅場の喪失 藻場減少の最大の原因は沿岸域の埋立事業であるといえます。埋立対象となる場所は、経済的な理由から自ずと大部分がアマモ場や干潟が分布する沿岸域の浅場に集中しました。
透明度の低下 海藻(草)類は光合成によって生育するため、藻場の維持にとって海水の透明度は極めて重要な制限因子となります。透明度の低下は、沿岸域の富栄養化によって植物プランクトンが増殖する一方、プランクトンをろ過摂餌する二枚貝の生息場(干潟など)が奪われたことが原因と考えられています。
農薬等の化学物質の流入 戦後、農薬・除草剤をはじめとする様々な人工化学合成物質が生産・利用されました。これらは最終的に海に流入し、藻場の生育・維持に障害をきたしました。また、高度経済成長期における工場排水等からの有害物質の海への排出も大きな影響をおよぼしました。
磯焼け 以上のような長期的な沿岸環境の変化とは別に、岩礁域の藻場では、「磯焼け」と呼ばれる藻場が凋落する現象が古くから知られています。
磯焼けの直接的な原因は、海流の消長による水温変化、湧昇流の減少による栄養塩類濃度の低下という外部的な環境要因によります。
こうした要因が引き金となり、海藻の生産力の低下が起こると、海藻を食べる動物の食圧が相対的に高まり、やがては逆転し、海藻の消失へとつながります。放置した場合、新たに発芽した幼体が食べ尽くされてしまうことから、磯焼け現象が固定化されてしまいます。

磯焼け現象~海の砂漠化~

海藻を食べる魚やウニが増えすぎることで生態系のバランスが崩れ、藻場の消失をまねく「磯焼け」が起こります。西日本ではアイゴやブダイ、北日本ではウニ類が藻食性動物としてあげられ、藻場の食害、そして結果としての磯焼けは現在各地で大きな問題となっています。

 

0103_04 0103_05
葉の部分が魚に食べ尽くされたカジメ場 ウニによる食害で裸地化
 

リンク集


アクセス・地図